So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

やはりそうだったのか「佐藤文隆先生の量子論」 [お勉強]

この本は「量子論」について大変理解しやすい本でした。ただし、数式もかなり出てきて

BLUE BACKSとしてはかなりレベルの高い本で、私レベルではそう簡単には読みこなせま

せんでした。

しかし、私が注目したのは量子論を勉強する以前の以下の問題でした。

アメリカの大学では、「観測者の登場」などが腑に落ちずに”モヤモヤ”した疑問を抱く

学生には「Shut up and Calculate!」と言われるそうです。「君はアインシュタインとは

違うのだ!量子力学に意義を唱えたら物理学の玄人にはなれないよ!」ということです。

この事はファインマンが言い出したなど諸説あるようです。

718aQF5-pmL.jpg

「Shut up and Caluclate」とは、量子力学は数学によって理解するしかないということ

です。私は数年前に、一応、水素原子のエネルギーレベルの計算を見よう見まねですがやっ

た事があります。私もこの辺から”モヤモヤ”が出てきました。そして、今後どれだけ数式を

ひねくり回せば量子力学が理解できるのだろうと思っていました。そしてそれらの数学は、

私が理解して計算できるレベルの数学なのだろうかと心配になってきました。(^^;

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

高校数学でわかる相対性理論 [お勉強]

この本はだいぶ前に、まだ宇宙論などを勉強してみようと思う前に斜め読みしました。

その時は「ふぅ~ん」で終わってしまいました。ローレンツ変換やミンコフスキー空間、

テンソル等々何故こんな数式が出てくるのかは理解するまでに深くは読んでいませんで

した。今回読み直してみると、大変基礎的、入門的な事が数式的にもよくわかる本です。

「高校数学+偏微分」がわかっていれば、特殊相対性理論の基本が理解できると思います。

ちゃんと意識して読んでいれば、もっと速く進めたでしょう。(^^;

これまで、ローレンツ変換やテンソル等々基本的なところで足踏みしてしまっていました。

今一つよくわからなかった事が、この本で初めて分かった気分になれたと思います。

(^^;

51uST5BlPmL._SX318_BO1,204,203,200_.jpg

以下、これまで書いてきた本を羅列します。

「相対性理論入門」は買ったばかりでわかりやすい本ですが、パスしても大丈夫だと思い

ます。とは言ってもまだまだ先は長いです。(^^;

51K6tKiMDoL._SX340_BO1,204,203,200_.jpg

「ベクトルとテンソル」も少し計算の練習をしておけば何とかなりそうです。

51Gn8LAceTL._SX349_BO1,204,203,200_.jpg

やはり、この「一歩一歩」をしっかりやってからシュッツの本に入ればよいと思いました。

51qGgaAOn3L._SX349_BO1,204,203,200_.jpg

51gIdkq0jGL._SX354_BO1,204,203,200_.jpg

シュッツの本が読めれば、ランダウ=リフシッツの「場の古典論」も読めるようになると

思います。お恥ずかしい限りですが、この本はかなり長い事、積読になっています。

読めると思って買った私の浅はかさです。(^^;

51S0Y57FC9L._SX375_BO1,204,203,200_.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「シュッツ相対論入門」買いました [お勉強]

当初は、量子力学の理解を目標に始めた物理学の勉強ですが、途中で、宇宙論まで勉強

しなければ現代物理学を知ったことにはならないと気づきました。(^^;

宇宙論では相対性理論も必要ですが、一般向けの本で、大体わかったような気になって

いました。ですから前に書きました様に、数学的アプローチの本ばかり見ていました。

気がつけば、相対性理論の教科書的な本を持っていなかったので、買ってみました。

アインシュタインの相対性理論は何故か量子力学より魅力を感じます。それは、対象と

なっている現象が量子力学よりは人間の感覚で理解しやすいものだからだと思います。

(^^;

(写真は全て他からお借りしました)

51gIdkq0jGL._SX354_BO1,204,203,200_.jpg

51qGgaAOn3L._SX349_BO1,204,203,200_.jpg

まだ、ざっと見ただけですが、学部の学生を対象としているので地道に勉強していけば、

何とかなるかもしれません。しかし、学部で1年間のコースの量なので、そう簡単では

ないと思いますが、高い本なので「積ん読」はもったいないです。(^^;

また、シュッツ先生の説明は一般的なものとは少し違い、大変興味深い書き方だと思い

ます。

「現代物理学」は、もはや一部の高度な数学が解る人にしか理解できないものになって

います。アインシュタインはかって、量子力学に対し「神はサイコロを振らない」と名言

を残しています。願わくば、ハイゼルベルクの不確定性原理を人類は「克服」して、もう

少しわかりやすい物理学を構築して欲しいと勝手に思っています。(^^;

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

風間洋一著「相対性理論入門講義」読んでみました [お勉強]

もし私が、もう退官されていますが、東大で風間洋一先生の「相対性理論入門」の授業が

今聴講生として受けられるのなら、2単位で約6万円と交通費合わせて約10万円かかり

ますが、是非受けてみたいと思いました。(^^;

東大の理科1~2年生が早くから「相対性理論」に親しめるようにした授業だそうです。

なので、この本は数式も書いてある本としては、物理初級者に大変わかりやすい本になって

います。この本とこれまでに私が読んで来た本と合わせれば「相対性理論」の基礎が何とか

理解できると思っています。まだまだ、「相対性理論」の入口で足踏み状態です。(^^;

51K6tKiMDoL._SX340_BO1,204,203,200_.jpg

上の本が大変わかりやすかったので、ほかの著書はどうだろうと思い、下の「宇宙の統一

理論を求めて」を読んでみました。この本も大変一般人向けのものとしては、わかりやすい

と思います。しかし、他の同様の本もそうですが、量子力学、素粒子、超弦理論等などは

イメージは出来る様な「気分」にはなりますが、「理解」は文や図だけではやはり難しい

と思います。数学で表現するしかない、人間の五感では感じることはできない現象を、

理解しなければならないことが、現代物理学の難しいところだと思います。(^^;

61utheEb-uL.jpg

最近は、ギター三昧と天地真理三昧で、物理のお勉強がおろそかになっています。昔の

学生時代と同じです。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

微細構造定数に想う [お勉強]

フィールズ賞を受賞したこともある、イギリス人数学者のアティヤ先生が「微細構造定数」

を導出し、ついでに「リーマン予想」も証明したとネット上に出ています。私なんぞには

真偽のほどは解る訳はありません。

この定数は、あのファインマン大先生をして「神の手で書かれた」「魔法の数」と言わしめ

た1/137という数字です。(137の小数点以下は四捨五入です)式で書くと下記のようにな

ります。次元(単位)の無い数字です。ファインマンは、この数の精密な測定はできるが、

ダンスに例えて、この数を導き出す「舞の手」がわからないと言っています。

無題.jpg

私が以前読んだ電磁気学の本の中の式にも出ていましたが、単に計算が簡単になるように、

うまく組み合わせて出来た数値だと思っていました。(^^;

既知の物理定数を組み合わせた式の「舞の手」とはいったい何なのでしょうか。

アティヤ先生が、ファインマンの言う「この数を導き出す舞の手」が本当にわかったの

なら、ノーベル賞ものだと思います。物理学、数学が進歩することを期待しています。

(^^;

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

宇宙論まとめの一冊 [お勉強]

Newtonは滅多に買わないのですが、下の本は現在の私にピッタリです。宇宙論の一般向け

文庫本を多数乱読していましたが、書かれた年代が色々でした。それを、一般向けに最新の

知見で総まとめしてあります。写真やイラストが綺麗です。(^^;

内容もよく整理してありわかりやすい簡潔な説明になっています。

51xXyhJTzWL._SX382_BO1,204,203,200_.jpg

たくさん読んだ文庫本の内容を少しノートに整理しょうかと考えていましたが、この一冊

があればその必要はありません。一般向けの本はこの辺で卒業して、相対性理論をまずは

数学的に攻略しなければなりません。(^^;

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

天地真理を少し忘れて興味深く読んだ「重力波で見える宇宙のはじまり」 [お勉強]

フランス人の物理学者の著書です。素人向けとしては大変よく考えられて書かれた本であ

ると思います。

この本は、この手の他の本と少し違い、写真や図表が豊富に載っています。また、重力波

などの計測方法がかなり具体的に書いてあります。理論の定性的な説明だけでなく、計測

方法がイメージできると理論の理解もしやすくなります。

51VPDRNsM5L._SX324_BO1,204,203,200_.jpg

私としては、大変良い本の一冊だと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

やっぱり一歩一歩 [お勉強]

以前から気になっていたので、結局この本も買ってしまいました。

筆者は東大建築学科卒、東工大数学科修士だそうです。この本の「はじめに」に、筆者の

高校の友人で、「某帝国大学の物理学科を卒業した者に一般相対論のことについて聞いて

みると、テンソルがよく分からないので深く追求したことはない。」との話が載っていま

した。旧帝大物理学科卒の人が分からないのに、私なんぞに理解できるのだろうか、と

不安になりました。現在の偏差値で東大理Ⅰと私の出た大学では10以上の差があるよう

です。ましてや、可山優三の成績でした。(^^;

この本も取り敢えず斜め読みしましたが、大変わかりやすいい本だと思います。大変分厚い

本ですが、学部初級の物理数学も網羅されており、独学者には有難い本だと思います。

51qGgaAOn3L._SX349_BO1,204,203,200_.jpg

学生時代は天地真理にかまけて勉強がおろそかになってしまいましたが、現在は、天地真理

のレーコドを聴くことによって励まされているように感じます。(^^;

016_convert_20131124201617_convert_20131215142711.jpg

「あなた、お勉強できないことを私のせいにしないでね」と叱られてしまいそうですね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

天地真理を聴きながらでもわかる「ベクトルとテンソル」 [お勉強]

この前の日曜日半日で読み終えました。私がこれまでに読んだ物理や数学の本としては

最高に分かりやすい本です。式がきちんと書いてあって、基礎から電磁気学や、相対性理論

への応用まで、丁寧に説明されており、コンパクトにまとまっています。

もう一度か二度読みながら式をトレースすれば、かなり理解できたと言えるところまで行け

そうです。(^^;

とにかくテンソルがしっかりと理解できていないと相対性理論の数学的な理解は困難です。

だいぶ以前に、ランダウ=リフシッツの「場の古典論」を斜め読みして少しわかった様な

気になっていましたが、今は大変反省しております。(^^;

(写真は全て他からお借りしました)

51Gn8LAceTL._SX349_BO1,204,203,200_.jpg

これで、相対性理論や場の古典論は何とかなりそうです。その先にはまだ場の量子論が

あります。積ん読のままの、ワインバーグ大先生の「宇宙論」や「場の量子論」はいつ読め

るようになるのでしょう。まだ先は長いです。(^^;

240_61043999e5.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「宇宙とは」ますます分かりません [お勉強]

GW中に下の4冊を読んでみました。専門書を読む前の補助として読んでみました。

一般向けの本としては大変よく書かれた本だと思います。しかし、現代の物理学で

宇宙がどうなっているのか、どのように始まったのか、これからどうなっていくの

か。まだまだわからないことが多いことが良くわかりました。(^^;

51F+yEFcnaL.jpg

51cCTz6r0IL._SX321_BO1,204,203,200_.jpg

山田先生の上の2冊は、私のようなレベルの人間が独学で専門書を読んでいくための、

大変良い解説書になると思いました。政治経済の基礎の解説が上手い池上彰氏の様に

難解な物理学を、そうだったのですか山田先生と言いたくなるように、分かりやすい

説明だと思いました。

311Hge4geZL._SX306_BO1,204,203,200_.jpg

上と下の松原先生の本は、内容的に少し重複しているところがありましたが、凝ったアナ

ロジーを使わず、式に対してストレートな説明で、私にはわかりやすいと感じました。

41i3XevbcbL.jpg

松原先生の上の2冊は、「宇宙論の物理」の様な専門書の書き方と大きく異なり、物理学者

として興味深い人柄を感じました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽