So-net無料ブログ作成
クラシックギター ブログトップ
前の10件 | -

ガブリエル・ビアンコ ギター・リサイタル [クラシックギター]

昨日NHKクラシック倶楽部で録画しました。

トゥリーナの「セビリヤーナ」は大変安定した綺麗でダイナミックな音色で好感が持てま

した。メインの曲のテデスコの「世紀をわたる変奏曲」は好きな曲ではないですが最後ま

で聴かせてくれました。とにかく音の出し方が良いと思いました。その他グラナードスの

「アンダルーサ」、アルベニス「アストゥーリアス」。そしてタレガ「アラビア風奇想曲」

はセゴビアとは一味違う演奏を聴かせてくれました。最後のコスト「オートゥイユの夜会」

は、私からすればコストもこんな弾き方があるのかと感心しました。

この人ほどギターから一音一音安定した綺麗な音を出し、音楽的表現力もしっかりした人

は、私は近年お目にかかったことがありません。

無題ビアンコ.jpg

使用楽器はスモールマンのようです。久しぶりに音楽性豊かで音色も良いギタリストに出

会ったと思います。もちろん、この録画は永久保存です。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

バッハ リュート作品全集が届きました [クラシックギター]

現代ギター社に注文した下の写真の楽譜が届きました。少し勉強してみたいと思います。

もはや手遅れかも知れませんが。(^^;

(写真は全て他からお借りしました)

4539442100710.jpg

解説も私の様な者にも大変参考になると思いました。私はバッハ、バッハと言いながら、

これまでまとまった解説など読んだことはありませんでした。(^^;

当然ですが原典版なので楽譜には運指が付いていないので、松尾俊介さんなどの他の楽

譜を参考にしないといけません。5月号もBWV998の「フーガ」を楽しみにしています。

(^^;

998が終わったら、BWV1006aをやって欲しいと勝手に思っています。松尾さんの運指は

何故か私の好みによく合っているからです。(^^;

honyaclubbook_4910034810499.jpg

蛇足ですが、BWV995は元は無伴奏チェロ組曲第5番ですが、私はチェロ組曲は第3番の

1009が好きなので995はやるつもりはありません。995は少し難しいと思います。

BWV998、1006a、1009が今の私のバッハの組曲の課題です。私のレベルでは、とても

死ぬまでに弾けるようになるとは思えませんが。(^^;

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

イエペスのバッハを聴く [クラシックギター]

また、頂き物のレコードですが。(^^;

このレコードは何故か頂いてから一度も聴いていませんでした。レコード棚に埋もれて

いました。10弦ギターによるバッハのリュート組曲集としての歴史的名盤と言えるで

しょう。イエペス渾身のバッハが聴けました。もっと早く聴いていれば良かったと思い

ました。バッハでもセゴビア的な演奏が好きな私ですが、イエペスの淡々と弾くバッハ

には聴き入ってしまいました。音楽としての完成度の高さを感じました。

(写真は全て他からお借りしました)

無題ny.jpg

それにしても10弦ギターで弾くバッハは、6弦ギターしか持っていない私を嫉妬させる

程深みのある良い響きがします。(^^;

2917_1318.jpg

私は、楽譜は全曲は持っていなかったはずなので早速下の楽譜を発注しました。Enriqueさ

んも持っておられるようなので、とりあえず現代ギターの増刊号版を買ってみることにしま

した。BWV1006aと998は、以前から練習を少し始めましたが、他の曲はやるつもりはあり

ませんが楽譜は見ておきたいと思いました。

4539442100710.jpg

下も頂き物のレコードですが、バルエコのBWV997と1006aと聴き比べてみました。

バルエコの演奏も悪くはありませんが、私にはステージ映えする「ギタリスト」のバッ

ハに聴こえます。イエペスはまさにギタリストなのですが「リューティスト」を思わせ

ます。何か訳のわからない感想になってしまいました。(^^;

91GHsP3I8dL._SL1500_.jpg

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

タンスマン氏はヘンリー・パーセルがお好き? [クラシックギター]

また、タンスマンですが。(^^;

1946年作曲のベンジャミン・ブリテンの「青少年のための管弦楽入門」でヘンリー・

パーセルの「ロンド」が編曲されて入っているのは有名です。一方タンスマンは1950年

に「カヴァティーナ組曲」を作曲しました。この組曲に後から書かれて組み込まれたのが

「Danza pomposa」です。ギターで弾いてみると、私は「ロンド」と「Danza pompos

a」は何か似ているなと感じます。

201812_tansmans.jpg

私の思いつきの仮説を書いてみます。(^^;


タンスマンはヘンリー・パーセルの劇付随音楽「アブデラザール、またはムーア人の復讐」

に入っている「ロンド」の事を知っていたかどうかは分かりません。しかし、ブリテンの

「青少年のための管弦楽入門」は当時有名だったので聞いていた可能性は高いと思います。

冒頭から音符は、「ロンド」は上昇して行き、「Danza pomposa」は下降して行きますの

で同じようには思えませんが、私はギターで両方の曲を弾くと非常に曲想が似ていると感じ

ます。私はタンスマンはブリテンの編曲に何かインスピレーションの様なものを感じたのだ

と思います。ヘンリー・パーセル「ロンド」から何らかの影響を受けた可能性は高いのでは

と思います。盗作とは言いませんが、「ロンド」を下敷きにして現代的要素を加えて「Dan

za pompoza」を作曲したのではと思います。ひょっとすると、「ヘンリー・パーセルへの

オマージュ」曲だったのかも知れません。

私一人の思い込みかも知れませんが。(^^;


「ロンド」も「Danza pomposa」もギターでの初演はセゴビアだと思います。セゴビア

はこれらの曲をどのように感じて、自分のレパートリーとしたのか大変興味があるところ

です。


蛇足ですが、本日左足動脈のカテーテル手術を終えて退院しました。体全体の血流が改善さ

れた感じがします。手足の指先のむくみもほとんど無くなりました。ギターも少し上手くな

るかもしれません。(^^;

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

タンスマン「ショパンを讃えて」の楽譜届きました [クラシックギター]

現代ギター社に注文して、先日届きました。

「HOMMAGE À CHOPIN」はフランス語でしょうか。(^^;

現代ギターは「ショパン賛歌」でセゴビアのレコードでは「ショパンを讃えて」と訳され

ています。日本語としては同じ意味だと思いますが、「ショパンを讃えて」の方が好きで

す。ところで、下の表紙のサインは誰のものなのでしょう。読めません。(^^;

タンスマンかセゴビアだと思いますが。(^^;

img20190327_19121488.jpg

3曲目の「ロマンティックなワルツ」は混沌とした音の動きの中にフッとロマンティック

なメロディーが出てきて消える感じの曲です。今の私の真理ちゃんへの心境によく合って

いると思います。(^^;

まだまともに弾けるかどうかは分かりませんが、私はこの曲を真理ちゃんに捧げるために

練習をしてみようと思っています。動機不純でしょうか?。天地真理病極まれりです。

(^^;

(写真はちっちゃい私さんのブログからお借りしました)

img_0 (1)kop09x.jpg

セカンドアルバムの付録の「あなたと私」のB面にバッハの「インベンション15番」を弾

いたEP盤を持っています。A面はナレーションのバックにショパンの「幻想即興曲op66」が

流れます。ジャケットには何も表記がないのですが、ショパンもおそらく真理ちゃん自身の

演奏だと思います。また、YouTubeで聴いたのですが、昭和48年10月放送の「みんなで

歌おう'73」の録音で同じくショパンの「幻想即興曲op66」を弾いています。これらの録音

を聴くと、お嬢様の習い事のレベルではありません。プロピアニストレベルとは言いません

が、ちゃんと音楽学校で勉強した腕前を感じます。ですから、真理ちゃんは、タンスマンの

この曲を十分に理解してくれる人だと思っています。(^^;

687038_1327682197x.jpg

タンスマンと天地真理を強引にくっつけてしまった私は、間違いなく重度の天地真理病の

老人です。(^^;

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

現代ギター4月号「松尾俊介のバッハ超実践講座」 [クラシックギター]

「第1回プレリュード~BWV998より」の講座と楽譜が載っていました。私の様なギター

リハビリ中の者にとって、この講座は大変参考になりました。演奏方法というよりも音楽

的な分析です。また楽譜も、運指が私の持っているセゴビア版やサダノフスキー版とは異

なっており、私の感覚に合った運指を考える上で有効に使えると思います。

honyaclubbook_4910034810499.jpg

次回はフーガだそうです。アレグロまで是非やって欲しいと思います。この様な、バッハの

曲の解説が載っていれば、ギターのリハビリの刺激になるので毎号買うのですが。(^^;

所で、「現代ギター」は最近大宮の「そごう」8Fの三省堂では見当たらなくなりました。

6Fの山野楽器に置いてある事に気付きました。アマゾンなどで買えばよいのですが、やは

り雑誌類はパラパラと一応めくって見てから買いたいという習慣が抜けません。(^^;

DSC_0003.JPG

バッハのBWV998は学生時代は弾く人が多かったので、へそ曲がりの私は手をつけません

でした。しかし、良いものは良いので50年遅れで練習を少しずつですが始めています。

私のマヌエル・ベラスケスが完璧なバッハを奏でる日は来るのでしょうか。(^^;

お前の完璧とは、やっと何とか楽譜の最後までたどり着けることか、と言われてしまいそう

ですね。(^^;

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

セゴビアのレコードでタンスマンを聴く [クラシックギター]

この前書いたように、タンスマンの曲を手持ちのセゴビアのレコードで聴いてみました。


装置はDENON DL-103、SME3012R、THORENS TD521、タムラTKS-27、旧三栄無

線PR-100プリアンプキット、自作12AU7差動ppヘッドフォンアンプ(タムラ出力トラン

ス付)、オーディオテクニカATH-R70Xヘッドフォンです。真空管はSiemensとTelefun

kenです。チョットだけ自慢してみました。(^^;


「カヴァティーナ組曲」

やはりタンスマンのギター曲の代表と言えるでしょう。私は良い曲だと思います。「Danz

a pomposa」がもう少し練習してモノになりそうなら全曲やってみようと思います。

(^^;

20151006_7edf12.jpg

「ショパンを賛えて」前奏曲

セゴビアの演奏といえども、「前奏曲」だけだと何か良く分からないので、YouTubeで残

りの「夜想曲」と「ロマンティックなワルツ」も他の人の演奏で聴いてみました。特に「ロ

マンティックなワルツ」は私好みの曲でした。弾いてみたくなったので、私が弾けるかどう

かは別にして楽譜を買おうと思っています。「ショパンを賛えて」は私としては、タンスマ

ンのギター曲としては「カヴァティーナ組曲」に並ぶ曲だと感じました。

ちゃんと調べてはいないので間違っているかもしれませんが、セゴビアは何故「前奏曲」し

かレコードを出さなかったのでしょうか。

ダウンロード.jpg

「ポーランド風組曲」

残念ながら、この曲は私としてはあまり好きな曲とはいえませんでした。ただ、好んで聴こ

うとは思いませんが、矛盾しているかもしれませんが、ギターを弾く者としては自分で弾い

てみたくなるような曲です。(^^;

$_1.jpg

蛇足ですが。

ヘッドフォンは、オーディオテクニカATH-R70Xは大変フラットな特性でクラシックに合う

と思います。一方ソニーのMDR-CD900STはヴォーカル曲に合います。「ヴォーカル帯

域」?が少しクローズアップと言うか、強調されるような感じになりますので、天地真理の

レコードなどはこちらの方が引き立ちます。(^^;

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

灯台下暗しだったタンスマンをセゴビアのレコードで聴きました。 [クラシックギター]

私はタンスマンの曲は「カヴァティーナ組曲」しか知らないと思っていました。レコード

も昔買った「アンドレス・セゴビアの夕べ」に入っているものを持っているだけと思って

いました。Enriqueさんがタンスマンの事を書かれていたので、ほかの曲も聴いてみたく

なりました。この前書いた頂き物のレコードにタンスマンの曲がないか調べたら、「灯台

下暗し」でした。(^^;

なんと、「ポーランド組曲」が下のセゴビアのレコードにありました!!。さらにもっと

お恥ずかしいのは、自分で買った「アンドレス・セゴビアの芸術」にタンスマンの組曲「シ

ョパンを讃えて」よりの前奏曲がありました。

(写真は全て他からお借りしました)

$_1.jpg

ついでに見つけたのが、ヘンリー・パーセルの「小組曲」が下の頂き物のオンステージに

入っていました。これまで私は「ロンド」のレコードは持っていないと思い込んでいまし

た。これらのレコードを頂いた「大仏」さん(パソコン通信時代のハンドルネームです)

に大いに感謝する次第です。(^^;

918Rw-6MCTL._SL1500_.jpg

私の記憶力はもはやニワトリレベルなのでしょうか。(^^;

megamaruiniwatori.png

曲の感想は改めて書くつもりです。(^^;

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

現代ギター3月号 [クラシックギター]

「間違いだらけの弦交換」という特集があったので、念のために買ってみました。弦の

交換、張り方に私が知らなかったことは書いてありませんでした。私が中学生の時ギター

を始めた頃には、こんなに親切に写真入りで書かれたものは無かったと思います。私など

は少ない情報で、見よう見まねで何とか覚えたと思います。(^^;

初心者の人は読んでおくとよいと思いました。

41ftX-PVspL.jpg

3月号にはスカルラッティの「ソナタK.380」の楽譜が載っていたので良かったです。

スカルラッティのこの曲は私の好きな曲ですが、この前、思いついて手持ちの楽譜を探した

のですが見当たりませんでした。(^^;

(写真はちっちゃい私さんのブログからお借りしました)

img_0 (3)mkl.jpg

真理ちゃんは、自分でギターの弦は交換できたのでしょうか。(^^;

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

クラシック倶楽部 パク・キュヒ ラテンの風~古民家に響くギターの調べ~ [クラシックギター]

先週録画しました。ソルの「練習曲ホ短調作品6第11」やバリオスの「ワルツ第3番」など

に注目して聴いてみました。バリオスやブローウェル等々の曲に混ざってソルの「練習曲」

が、ほかの曲に埋もれなかったのが興味深かったと思います。ソルの作曲家としての素晴ら

しさを感じました。

バリオスの「ワルツ第3番」は皆このような演奏をしますが、私はもっとゆっくりで陰影を

付けた演奏の方がこの曲の良さが出るのではと以前から思っています。YouTubeでバリオス

自身の演奏なるものを聴きましたが、私には速すぎます。ジョン・ウイリアムスやデビッ

ド・ラッセルの演奏よりも少し遅い方が良いのではと思っています。勿論、楽譜には速度

の指定はないので、このような近代の曲はどのように弾くかは演奏者にまかされていると

は思いますが。(^^;

楽器はダニエル・フレドリッシュのようです。

無題PK.jpg

いつも若い女流ギタリストの演奏を聴くと、テクニックは十分あるのにもう少し音楽的に

大きく表現できればと思うことが多いです。大きく弾こうとしているのは感じますが、結果

的に音楽的に少し小さくまとまってしまっていると思います。(音楽的に大きいとはどう

いうことかを説明しろと言われてもできませんが。)

好感は持てる演奏ですので、後もう一歩成長してほしいと思いました。

下手クソなアマチュアが生意気なことを書いてしまいました。(^^;


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - クラシックギター ブログトップ