So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
クラシックギター ブログトップ
前の10件 | -

1972年製河野8号復活させました [クラシックギター]

私が一浪の末やっと大学に合格したので、合格祝いに買ったものです。当初15号を買って

よいということだったので、親から貰った15万円を握りしめて当時渋谷にあったギタルラ

社に行きました。魔笛の主題の頭の部分で試奏して、最も高音が良い感じの物を選び抜き

ました。15号でなくてもよいと感じた8号を見つけたのです。(^^;

一浪して、大学も無理を言って(通えば通えたのですが)下宿させてもらうことにしたの

で、残りの7万円は親に返しました。(^^;

大学の4年間は勉強せずにこのギターを弾きまくっていました。(^^;

恐らく25年くらい前だと思いますが、サドルを自分で調整した時に削りすぎて①弦がビリ

つくようになってしまい、それ以来ケースに入れっぱなしでした。今回、また少しギター

を再開して、はたと河野の事を思い出しました。

DSC_0009.JPG

大変かわいそうな事をしてしまっていると思い、修復してやろうと思いました。

アマゾンで、牛骨のサドルとナット2個ずつ入りで600円の安いものを取り寄せて、早速

サドルを紙ヤスリで削って、装着しました。前は適当に削っていたのですが、今回はきち

んとやり方を調べて、12フレットの①弦が3.0mm⑥弦が4.0mmの標準的な弦高に調整し

ました。弦はプロアルテのハードが余っていたので張ってやりました。学生時代から河野

には、オーガスチンの青を張っていたので、ハードテンションが合うと思っています。

一応完動状態になりました。

ベラスケスとは対照的な音質です。

nice!(0)  コメント(0) 

電子チューナーの功罪 [クラシックギター]

10年くらい前に購入したKORGのチューナーです。本来はチェロの調弦用に買ったもの

ですが、色々な音律に対応した高機能の物です。

PCの発振器ソフトでサイン波をPCのイヤホンに出力してクリップマイクで440Hzから2倍

、3倍......10倍の4400Hzまで測ってみました。いずれも針は中央にピタリと止まります。

当然ですが大変正確です。(^^;

(写真は全て他からお借りしました)

51ovR1Xu6XL.jpg

この前から、またギターを弾き始めてからチューニングは、KORGのチューナーのメーター

ばかり見ていて、全然楽器の音を聞いていない自分に気がつきました。

これではいけないと思い、また昔のように音叉を使うことにしました。いくら開放弦をチュ

ーナーで正確に合わせても、弦の精度の問題で高音が少し狂います。高音を微調整しながら

開放弦との妥協点を決めるのは奏者の「義務」でしょう。(^^;


私は中学生の頃にギターを始めた時に買った、和田楽器製のSPRITE音叉を持っています。

下の写真は恐らく私のものより少し新しい物だと思います。私のは「標準」の文字があり

ません。それとケースの色が肌色です。(^^;

この音叉の振動音を、クリップマイクでKORGのチューナに入れてやると上の写真の様に

440Hzピッタリを指しました。私は長年、普及品なので少し位は誤差はあるのだと思って

いましたので感動でした。(^^;

d173740567.1.jpg

「和田楽器」ももう無くなった様で、何か寂しい気がします。音叉の先っぽをグラインダー

かヤスリで削って調整した跡が残っています。今から50年以上前に町工場でこれを高精度

で削った「職人さん」がいたと思うと感慨深いものがあります。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 

バッハを弾くために;マヌエル・ベラスケスと弦 [クラシックギター]

このところ少しずつですが、ギターを弾いています。(^^;


学生時代の「河野」にはオーガスチンの青をずっと張っていました。

71GHxd+xELL._SL1000_.jpg

ベラスケスは元々「ビロードの様な音質」と評されています。ですから、少し硬質な音色が

合うバッハの曲を弾くためには弦を選ぶ必要があります。

DSC_0003.JPG

ベラスケスには、今は青はもうしんどいので赤を普通は張っています。オーガスチンの

音色に慣れてしまっているので、あまり他の弦は使いません。ロマンチックな曲には大変

よく合います。

613K7o8Sz6L._SL1048_.jpg

ですが時々、気分でプロアルテやサバレスも使っています。やはり、音程はオーガスチン

より優れているとは思いますが、音色が今ひとつ私好みではありません。しかしバッハの

曲には合うと思っています。オーガスチンによる洗脳から脱出する必要があります。

(^^;

814bHFYU1RL._SL1500_.jpg

61yCwDdTImL._SL1000_.jpg

今後はプロアルテのカーボンやハナバッハも試してみようと思っています。少し高いです

が、音色が良さそうな気がしています。特にバッハの曲にさらに合いそうだと思っていま

す。

71VlVdZRibL._SL1000_.jpg

81kYns9Q9oL._SL1190_.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

変調弦をS.L.ヴァイス「ソナタニ短調」で考えてみました [クラシックギター]

③弦fisは#系の調にはかなり有効に使えることがわかりました。では♭系ではどうで

しょうか。「ソナタニ短調」は私の好きなヴァイスの曲です。楽譜はバッハの曲よりは

少し易しく見えますが、悩ましい運指も何箇所かあります。カール・シャイト版はオーソ

ドックスに⑥弦Dです。楽譜を眺めれば②弦をH(シ)⇒B(シ♭)はすぐに思いつきます。

低音のソを⑥弦の5フレットで押さえるのがややしんどいので⑤弦をGにしてみました。

そして、開放弦を多用する運指を考えてみました。かなり易しく弾けるようになりました。

しかし、⑤弦Gは逆に私の指では押さえられないところが出てくるので考え中です。

(^^;

私は、この時代の曲は、演奏会でテクニックを見せつける様な演奏は必要ではなく、自分

の慰みのために弾くわけですから簡単に弾けるべきだと思っています。

IMG_0001.jpg

一応、上のギタルラ社版を使っていますが、好楽社の玖島隆明版も持っています。少し違い

がありますが、私なんぞにはどちらがより原曲に近いのかは分かりません。(^^;

IMG_0002.jpg

ところで、シルヴィウス・レオポルト・ヴァイスが正しい名前の様ですが、何故か好楽社

版はS.L.ではなくL.S.ヴァイスとなっています。他のヴァイスの楽譜もL.S.になってい

ます。好楽社は、もう会社が無くなった様なのでどうでも良いのですが。(^^;

DSC_0003.JPG

ヴァイスの曲は、ベラスケスにはオーガスチンの赤がよく合うと思います。

613K7o8Sz6L._SL1048_.jpg

nice!(2)  コメント(0) 

変調弦は私を助けてくれるでしょうか。 [クラシックギター]

昨日、ギターの楽譜を整理していたら下のカール・シャイト版のBWV1006aが出てきま

した。この楽譜は③弦をfisにする変調弦になっていました。この楽譜は何時買ったのか

記憶がありません。多分買ってみたのは良いのですがヘンテコな調弦なので使わなかった

のだと思います。(^^;

私が何時も拝見しているdecafishさんが変調弦でBWV998を演奏されるのは聴いていまし

たが、私は「へ~珍しい弾き方があるのだな」と思っておりました。

IMG.jpg

試しにちょっと弾いてみましたが、③弦の音程が半音低いので、頭がおかしくなりそうで

した。しかし、運指はかなり楽になります。半分まともに弾けるようになるのを諦めかけ

ていたBWV1006aがなんとかなるのではと希望が出てきました。(^^;

今、少し練習を始めたBWV998「プレリュード、フーガとアレグロ」を⑥弦Dは元々Dな

ので、さらに③弦をfisで運指を考えてみようと思います。

DSC_0003.JPG

私のマヌエル・ベラスケスはこんな調弦で弾かれると思っていたでしょうか。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 

バッハ「プレリュード、フーガとアレグロ」BWV998の楽譜 [クラシックギター]

学生時代、この曲は多くのアマチュアギタリストが弾いていたので、へそ曲がりの私は

手を出しませんでした。セゴビア版の楽譜を持っていることすら忘れていました。(^^;

私には弾きやすい運指だと思います。ただ、セゴビア版は「アレグロ」がありません。

IMG.jpg

約20年くらい前に購入したサダノフスキー版です。大変合理的な運指ですが、左手の①~④

の指を「平等」に使う運指なので、④の小指が弱いアマチュアには弾きにくいので参考程度

に使っています。

IMG_0003.jpg

今回、ネット上で見つけたフランス人ギタリストのDelcampという人のフリーのpdf楽譜

です。私には、セゴビア版とサダノフスキー版の中間くらいの感じで弾きやすいと思い

ます。装飾音の説明もあり、アマチュアには大変良い楽譜だと思います。セゴビア版と

Delcamp版を参考にして、私に合った運指を考えて行きたいと思います。

IMG_0001.jpg

本日時点で、32個の質問と回答が出ています。後68個の中に私の質問は採用してもらえる

のでしょうか。(^^;

687038_1533067889.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

復活か、またオオカミ少年(老人)か? [クラシックギター]

このブログで7年前に復活かと書いてから、やっとまた少しやる気が出てきました。

下の写真は、私の所蔵する1995年製のマヌエル・ベラスケスです。今のところ、宝の

持ち腐れですが。(^^;

DSC_0003.JPG

1990年代前半の頃だったと思いますが、バルエコの東京文化会館小ホールでの公演を録画

しました。VHSでしたが今はDVDに焼きなおしています。

この録画のバッハのリュート組曲第4番BWV1006aは私は素晴らしい演奏だと思いました。

この演奏に触発されて、社会人になってほとんど弾いていなかったギターを再開して、高価

なベラスケスも購入してしまいました。(^^;

無題b.jpg

毎日が日曜日になり、初心に帰り自分でバッハが上手に弾きたいという欲求がまた出てきま

した。指は完全に萎えてしまっているので、少しずつ戻していきたいと思います。しかし、

集中力の減退が甚だしいので、どこまで弾けるようになるかは分かりません。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 

ポロネーズ第2番作品14 ナポレオン・コスト作曲 [クラシックギター]

先週木曜日は、ギター文化会館でのコンサートに、土曜日は、大宮の老舗眼鏡店三代目の毎年恒例となりましたコンサートと立て続けにギターを聴きました。

コストの「ポロネーズ第2番作品14」の楽譜も入手しましたので、ぼちぼちとギターの練習を再開しました。 

 (写真は他からお借りしたものです)

neko.jpg 

まずは、2年くらい弦を替えていませんので、手持ちの弦からオーガスチンの赤で張り替えました。サバレスはこの次にするつもりです。 

augustine-r.jpg  

 500ar.jpg

指が萎えてしまっているので、ウォーミングアップ中です。コストのポロネーズは私にはちょっと難しい曲ですが少し頑張ってみようと思っています。 


nice!(1)  コメント(0) 

ジョルジョ・ミント&宮下祥子 ジョイントコンサート [クラシックギター]

昨日は、石岡のギター文化会館のギターのコンサートに行ってきました。
 
「くろブログ」の「くろ」さんからお誘いの電話があり、最近生の演奏を聴いていないので、ドライブがてら行ってみました。
 
「くろ」さんは、私の大学の1年先輩で古典ギター部の創設者です。卒業後も公私ともにお世話になり頭が上がらない先輩です。 
 
20111103-1.jpg
 
曲目は下の前日行われたGGサロンと同じです。 
 
 
20111102-2.jpg 
 
ミントは自作曲と自身に献呈された現代曲の演奏。宮下さんは、馴染みの多い曲を演奏してくれました。
 
この日の趣向は、ミルトが「横尾俊佑」作、宮下さんが「今井勇一」作と「黒澤澄雄」作の楽器を持ち替えての演奏でした。
なかなか興味深かったです。
 
演奏会終了後、一般のギター製作家の9本のギターを、ミルトと宮下さんそれに「くろ」さんが3本ずつ試奏しました。これまた大変興味深かったです。
 
「くろ」さんの試奏はプロに混じっての演奏でしたが、なかなかのものでした。
 
本日の私としての収穫は、宮下さんの弾いたN.コストの「ポロネーズ第2番作品14」が私も弾いてみたくなりました。楽譜を買ってみようと思っています。
 
また、ミルトの明るく明瞭な音質を醸し出す右手のタッチ、弾弦のスピードなど参考になりました。しかし、左手のあの外人特有の長い指 はまねしようがありません。
 

nice!(1)  コメント(0) 

リュート組曲の楽譜 [クラシックギター]

ついでにと言っては何ですが、下の楽譜はリコルディ版のバッハのリュート組曲第4番のAZPIAZUというギタリストの編曲のものです。学生時代に買った楽譜です。昔はこちらの楽譜で練習しておりました。

IMG.jpg

下は、学生時代に買った「現代ギター」の切り抜きです。リュート組曲第4番のプレリュードの解説と楽譜です。楽譜は渡辺範彦氏の編曲です。

IMG_0001-2.jpg

IMG_0002-2.jpg

リュート組曲第4番はこれらの楽譜を参考にしながらサダノフスキー版でやるつもりです。

私はなるべく特にバッハは複数の楽譜を参考にします。そのうちこの曲も他の人の編曲版も手に入れようと思っております。また、オリジナルのヴァイオリン用の楽譜も手に入れてみようと思っています。


nice!(1)  コメント(2) 
前の10件 | - クラシックギター ブログトップ