So-net無料ブログ作成
オーディオ ブログトップ
前の10件 | -

sanwa U-50DX テスター復活しました [オーディオ]

私以外の人にとっては、どうでもよい事だとは思いますが。(^^;


この前、私の不注意で0.1V/50μA端子の回路の7Ωの巻線ヒューズ抵抗が飛んでしまいま

した。6.8Ωのヒューズ抵抗は秋葉原で売っている様ですが、1本だけ買うのはバカバカし

いので、手持ちの普通の抵抗で代用しました。7Ωちょうどは無いので10Ω//22Ω≒6.9Ω

としました。DCの0.1V以下や、50μA以下の電圧電流を測って他のテスターの値と比べて

みました。激安デジタルテスターが微小電圧、電流の測定でも計算値にほぼ合う値でした。

U-50DXをはじめとするアナログテスターは微小電圧ではかなりの誤差がありました。入力

インピーダンスの問題だと思います。微小電流は大体どれもほぼそろった値でした。アナロ

グテスターは前に書いた抵抗値測定なども含めて、全体的に激安デジタルテスターに完敗で

した。(^^;

(写真は他からお借りしました)

f119329878.1.jpg

やはり、U-50DXはACボルトメーターアダプターM-2V用ののメーター専用にします。

50μAレンジは大丈夫なようです。(^^;

m-2v.jpg

それにしても恐るべき447円テスターです。アマゾンではさらに300円台の出品もあるよ

うです。(^^;

プレート電圧1000V以下の真空管アンプの製作等に使うには十二分な性能です。

51vkwU2mgyL.jpg

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

激安デジタルテスター買ってみました [オーディオ]

この前アマゾンで三和のYX-361TRを購入する時色々見ていたら、とんでもなく安いデジ

タルテスターがありました。DT-830Bを試しに447円で購入してみました。電池は付いて

いません。プライムなので送料は無料です。(^^;

アマゾンのカスタマーレビューは☆4つ以上が63%だったので、完全なハズレ品でなけれ

ば使えるだろうと思いました。マニュアルレンジで200μAが付いているので、前に書いた

ACボルトメーターアダプターのM-2Vのメーターとしても使えるはずだと考えました。テ

スターはこれまで国産の三和製しか使わないつもりでしたが、三和のデジタルテスターは

高価で遊びに使うにはもったいないし、アナログテスターが3台もあるので十分です。私の

嫌いな中華人民共和国製ですが、447円なら安物買いの銭失いでも良いでしょう。(^^;

(写真は全て他からお借りしました)

51vkwU2mgyL.jpg

それにしても、上の表のDC電流の分解能の数値の誤記はお粗末です。(^^;

英文のマニュアルには正しく表記してありました。


カスタマーレビューで、テスト棒のリード線の断線、電池が入りにくいなどの問題。また、

測定上の問題でAC100Vを測ったら壊れた、誤差が大きいなどの問題がさんざんに指摘され

ていました。そこで、下のYX-361TR、CX-506と比べてみました。

抵抗値は、DT-830Bが最も正確でした。3桁目を四捨五入すれば抵抗の表示値にによく合い

ます。CX-506は2桁の値は何とかほぼ合います。YX-361TRは誤差が大きいです。

DC電圧は、上位2桁で見ればどれも大体揃っています。

少なくとも抵抗測定や、DC電圧測定においては447円のDT-830Bに、アナログテスターは

形無しです。(^^;今後はAC電圧やDC電流もテストしてみたいと思います。

この激安テスターDT-830Bは十分使い物になると思います。このまま壊れないことを祈って

います。(^^;

51wNnUCftyL.jpg

蛇足ですが、下のCX-506は当時1万円近くしたと思います。なぜこんな高い物を買ったのか

と言うと、UV-211アンプを作る時のためです。最近ではアナログもデジタルもDC1000

V以上のレンジがあるものは見当たりません。でも、送信管UV-211/VT-4Cのアンプは何時

になったら作るのでしょうか。その前に作りかけの300Bppパワーアンプを完成しなけれ

ばいけません。(^^;

HINCD-00359-CX-506.jpg

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

テスター買い換えました [オーディオ]

学生時代から使っていたテスターのμAレンジを私の不注意から壊してしまいました。この

テスターは下の右のラックスキットのACボルトメーターアダプターのM-2Vのメーターと

して使っていました。デジタルテスターではこのアダプターに使うための電流レンジが合う

ものがなく、下の左の三和のYX-361TRというアナログテスターを買いました。

(写真は全て他からお借りしました)

51wNnUCftyL.jpgm-2v.jpg

左下が学生時代からの愛器でμAレンジを壊してしまった三和U-50DXです。右下は10数年

前に買った三和CX-506です。CX-506もアダプターのメーターとして使えますが、やはり

もう1台欲しくなりYX-361TRを買ってしまいました。(^^;

f119329878.1.jpgHINCD-00359-CX-506.jpg

もう一つYX-361TRを買った理由は、AC電圧が2.5Vや10Vレンジで40Hz~100kH±3%と

という昔のテスターでは考えられない特性があったからです。オペアンプでAC電圧増幅器

を電子工作で工夫して作ってみようと思っています。ミリバルとしても使えるかもしれませ

ん。ミリバルはM-2Vで十分なのですが、ちょっとしたお遊びです。(^^;


三和U-50DXは、私が学生になって初めて真空管アンプ作りのために買ったものです。夜な

夜な自作アンプをいじりまわしていた時、下宿の壁に貼った真理ちゃんのポスターをこのテ

スターも見ていたはずです。(^^;

ちゃんとしたアンプの測定は、大学の研究室に行けば高価な測定器がゴロゴロと有ったので

大学へ持って行けばよいと思っていました。下宿から歩いて10分位で行けたと思いますが、

結局アンプが重すぎて一度も持って行けませんでした。学生時代はほとんど一発でアンプは

動作しましたので、自分の耳が最高の測定器だと自負していました。(^^;


明日は、新元号が発表される日なので、私のおバカなこのブログはお休みします。昭和に続

き平成も終わってしまいました。新元号の何年まで私は生きられるのでしょう。この様に考

えると、若かった平成の時と比べて、何か厳粛な気持ちになります。(^^;


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Technics SL-1300 [オーディオ]

Technics SL-1300は約20年前に頂いたものです。CDに乗り換えるとのことで、ギター

のレコードを頂きに行ったら、プレーヤーもいらないからと頂いで帰ったものです。

この方のおかげで、私のギターのレコードはかなり増えました。(^^;

写真はTechnics SL-1300の同型機です。この方は、シェルはDENONのPCL-7を付けて

いました。また、カートリッジはオーディオテクニカのAT7Vを付けていました。私は、

このシェルにDL-103を付けてトーレンスのSMEのアームで使っています。PCL-7のシェル

は昔欲しかったのですが、当時はちょっと高かったので、その内買おうと思っているうちに

買いそびれてしまいました。DENONのDL-103にはやはりPCL-7のシェルが似合います。


(写真は全て他からお借りしました)

頂いたTechnics SL-1300の同型機です。

sl-1300.JPG

私の持っているトーレンスTD-521 SMEアーム付きの同型機です。30数年前に、家内と

結婚する直前に秋葉原で店頭展示品で「少し」安かったので購入しました。結婚してから

こんな物を買うのはとても許してもらえないと思ったからです。(^^;

201704041601_1.jpg

SL-1300を大切に保管しているのは、単に、トーレンスが壊れた時の予備のためです。

今日オーディオ界はレコードブームということですが、高価なプレーヤーが復刻や、新機種

で発売されています。レコードは今後もずっと聴きたいと思っていますが、さすがに私はも

うこれ以上プレーヤーを買い替えるなどのお金をかける気持はありません。


無題pcl7xx.jpg

真空管アンプはもう少しやっていくつもりです。やっと重い腰を上げて、現在自作マランツ

#7型プリアンプの修復に悪戦苦闘しております。ちょっと組み立て直せばすぐ鳴るはずと

思っていましたが、どこかに「#7の悪魔」が潜んでいるようです。(^^;

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

今年こそ、オオカミ老人は早く返上したいのですが [オーディオ]

去年の8月頃に自作マランツ#7型プリアンプを復活させると書いてから、またほったら

かしてしまいました。なかなか集中力が湧きません。アンプの配線は、ギターを弾いたり

物理の本を読むのとはまた違った集中力が必要なようです。イコライザー基板は本物とほぼ

同じ作りににしているので、基板をケースに取り付けて入出力と電源を配線して、真空管

をさせばよいだけなのです。(^^;

ラインアンプはそのままなので、直ぐに音出しできるのですが..........。なかなか重い腰が

あがりません。

(下のマランツの写真は本物です)

141526558230026595178_7b.jpg

300Bppウィリアムソン型パワーアンプも、半分くらい配線してそのままです。下の写真は

以前出したものです。

P1000002a.jpg

「今年中」には、これらのアンプで天地真理のレコードを聴いてみたいと思っています。

勿論クラシックもですが。(^^;

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Blu-specCD2は従来のCDを超えたのか [オーディオ]

はからずも、Blu-specCD2(BSCD2)を初めて聴くことができました。従来のCDである

「天地真理ベスト・コレクション」と「私は歌手」のDISC1の「コンプリート・シングル

A面コレクション」は同じ「サンパチツートラ」のアナログマスターテープからデジタル化

されているはずです。「水色の恋」~「恋する夏の日」あたりまでを聴き比べてみました。

装置はマランツM-CR611とソニーのMDR-CD900STです。

一聴してBSCD2の方が高域が良く出ているのを感じます。ドラムの立ち上がり、エレキベー

スの締まりが良く、真理ちゃんのボーカルも少し前に出てくる感じです。

また、私の最適試聴ボリューム位置がBSCD2の方が2ステップ下なので、ダイナミックレン

ジも向上している感じがします。音場空間もより鮮明です。

img20181228_20281400.jpg

下がこれまで、私が持っていた唯一の真理ちゃんのCDです。何かもやっとした音質で、納得

出来ませんでした。

515u22cN4AL.jpg

上記の比較を通じて、BSCD2の音質ならアナログレコードと勝負が出来そうだと思いま

した。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ベリンガー C-4 マイク買ってみました [オーディオ]

どうも、ソニーのマイク(ECM-MS907)をUR22mkⅡにフォーンプラグで接続していた

ら音が小さいことに気づきました。フォーンプラグ端子はラインレベル用で、マイクはXLR

コネクタで繋げと説明書に書いてありました。お恥ずかしい限りです。(^^;

81oXNu8WqzL._SL1500_.jpg

そこで、また変換ケーブルを買うのも悔しいので、マイクを新調することにしました。

ベリンガーのC-4というのが安かったので買ってみました。(^^;

XLRケーブルと合わせても8千円くらいなので、家内のお許しもすぐに出ました。(^^;

behringer_c4d.jpg

このマイクのレビューをネット上で色々見ると、賛否両論でした。賛否の賛の方は、価格の

割りに良いというものが多かったです。否の方は、ペアーの特性が揃っていないとか、コネ

クタがはまらない等が多かったと思います。当たりはずれがありそうでした。(^^;


behringer_c4d_2.jpg

とりあえず、自分の声でテストしてみたところ自然な感じで録音できたので、大きな問題は

なさそうです。ペアーの特性は今度PCのソフト発信器で簡易的に調べてみようと思って

います。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

天地真理「私は歌手」をハイレゾで聴くために [オーディオ]

私のノート型PCは、先週win7のDynabookが調子が少しおかしかったので、win10の

LAVIEに買い替えました。買いたいものがたくさんある私としては、パソコンの買い替え

は予定外の散財となってしまいました。(^^;

これまでは、オマケ版CubaseとUR22mkⅡでデジタル録音やハイレゾ化を行っていま

した。元々CubaseはDTM用なので、私のような使い方には使い勝手が合いません。

またオマケ版のCubaseは新しいPCにも再インストールできるようなのですが、オマケ版

は新たなプラグインが追加できない制限があります。私は録音入力用にプラグインのVUメ

ータが欲しかったので、フリーソフトで何とかできないかと考えました。結局VUメータは

不十分ではあるのですが、次のフリーソフトを使うことにしました。(^^;

録音ソフトAudacityとVUメータはプラグインのmvMeter2、または独立のVUMeter for

Windows。再生ソフトはfoobar2000です。新しいPCにUR22mkⅡのドライバーをダウン

ロードすればUR22mkⅡとこれらのソフトの接続は問題ありませんでした。

687038_1533067889.jpg

もちろんギターの練習用にも使いますが、天地真理「私は歌手」のCDのハイレゾ化が目的

です。このCDボックスに入っている曲はレア音源のもの以外はレコードで全て持ってい

ます。レコードを真空管アンプで聴くのが一番良いとは思っています。でも、天地真理病

の老人にとっては、録音を色々いじったりしているのが楽しいのです。(^^;

img_0 (42).jpg

16bit/44.1kHzのCDを24bit/192kHzに変換して聞くと、少し音質が良くなった様に聞こ

えます。ドラムの立ち上がりや、ベースの音の締まりが良くなるように感じます。劇的な

変化はありませんが、「少し」改善はすると思っています。(^^;

81oXNu8WqzL._SL1500_.jpg

AudacityにVUメータを重ねてみました。(^^;

無題aaa.jpg

下のmvMeter2はリアルな格好でプラグインもできて良いのですが、私の設定が悪いと

思うのですが、針の動きがイメージと違うので、多分ボツにします。結局VUメータは上の

Dynabookでも使っているものと同じになりました。また、これらのVUメータは録音入力の

デジタル信号の表示には使えないようです。録音したWAVファイル等を再生するときにしか

動かないようです。残念です。(^^;

無題mmko.jpg

再生ソフトのfoobar2000は簡単に使えて便利です。

無題2000.jpg

ただし、foobar2000のこのマークは好きになれません。(^^;

images.png

win7のDynabookも、まだ、なんとか使えるのですが危ないので、win10のLAVIEに

全て移行するつもりです。Cubaseは昨日かなり手間取りましたが何とかLAVIEで稼働

出来ました。Cubaseはファイル形式を色々変換できる所は、私には都合が良いです。

それにしても、win7とwin10の違いは何なのでしょうか。(^^;

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ソニーECM-MS907マイク復活させました [オーディオ]

最近は「復活」が多いですが。(^^;

20年くらい前に購入したソニーのステレオコンデンサーマイクです。ソニーのMD録音機

と一緒に買ったものです。電池を入れっぱなしでほっておいたので、電池ホルダーのマイ

ナス電極のバネが錆びてボロボロになって、折れてしまいました。電極のバネには半田が

のらないので、細い銅線を巻きつけて、なんとか電極の接触が保たれるようにしました。

(写真は全て他からお借りしました)

41nCefXH9tL.jpg

スタインバーグのUR22mkⅡに変換ケーブルを介して繋ぎました。ベラスケスの音が大変

綺麗にデジタル録音できました。自分のギターの練習のチェックに使おうと思っています。

いつの日か、無いと思いますが、プロ並みにうまく弾けた録音ができれば、このブログにも

アップするかもしれません。(^^;

81oXNu8WqzL._SL1500_.jpg

このマイクは今でもアマゾンで6,000円くらいで売っています。自分で修理して使える

ようになったので、少し得した気分になりました。(^^;

蛇足ですが、下のマイクスタンドをアマゾンで購入しました。大変安かったです。(^^;

中華人民共和国製ですが、値段の割にしてはしっかりとした作りで好感が持てます。

61WQUHjnxQL._SL1000_.jpg


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

天地真理を聴くために「東京光音アッテネーターキット」買いました [オーディオ]

500kΩを作りたかったので、抵抗は計算してバラで買いました。50kΩのキットの抵抗値

が出ていたのでこれを単に10倍しただけです。これでキットと同じ減衰率のアッテネター

が作れます。500kΩは差動真空管ヘッドホンアンプのボリュームを適当な固定抵抗で置き

換えて実験試聴して決めました。これから半田付けをしてアンプに取り付けるつもりです。

(写真は全て他からお借りしました)

p-att-36rkit.JPG

真理ちゃんのリアルな歌声に、さらに3mm位は近づけるでしょうか。(^^;

v531316803.2.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - オーディオ ブログトップ