So-net無料ブログ作成
オーディオ ブログトップ
前の10件 | -

シュアーvsデンオン [オーディオ]

シュアーM-97XEはこの前の試聴は、針圧を最大の1.25gで聴いていました。色々と試し

た結果1.10g位が良いと思える針圧でした。

(TKS-27以外の写真は他からお借りしました)

kaitekis_shure-m-97xe.jpg

shure_m97xe_3.jpg

DL-103は2.80gの最大針圧でずっと聴いていました。こちらも色々試して2.65gがベスト

と思われる針圧でした。

$_1.jpg

L_DL-103_D.png

昇圧トランスTKS-27は1次300Ωで2次オープンで使用していました。しかし、色々試した

結果1次300Ωと2次に47kΩ負荷が最適でした。2次オープンだと無帰還アンプの音の様に

なり、私の好みですが「HiFi」ではありません。音が柔らかいのは良いのですが、迫力が

少し無くなります。

(下は、自作のタムラTKS-27使用の昇圧トランスです)

DSC_0001.JPG

AU-320の昇圧トランスでDL-103とM-97XEは良い勝負になりますが、上のTKS-27の47

kΩ負荷では圧倒的にDL-103の方が「HiFi」です。(^^;

b_1__6_4b.jpg

なお、自作12AU7差動pp出力トランス付きヘッドフォンアンプは、学生時代から使ってい

たTelefunken ECC82が2本ご臨終となったため、Philipsの米軍放出品の5814Aを使ってい

ます。大変締まりの良い音で、オーケストラ等の迫力を良く再現してくれます。(^^;


令和の御代に、レコードのカートリッジや真空管の話をしても、もはや何の意味もありませ

んが。悪しからず。(^^;


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

HiFiと言う言葉を聞かなくなって久しいですが [オーディオ]

私が5年くらい前に購入したシュアーM-97XEの画像にHiFiが書いてありました。昔はオー

ディオ機器は何でもHiFiと書いてあった様な気がします。(^^;

学生時代は名機シュアーV15TypeⅢを使っていました。これの子か孫にあたる機種だと思い

ます。覚えている訳は無いのですが、M-97XEを学生時代よく聴いたレコードで聴いてみる

とV15TypeⅢを聴いているような気がします。若い頃の深層心理に刷り込まれたのでしょう

か。(^^;

(写真は全て他からお借りしまし)

kaitekis_shure-m-97xe.jpg

普段はデンオンのDL-103をタムラのTKS-27を昇圧トランスとして使用しているので、

イコライザーアンプの47KΩを外しています。この前、このトランスをパスして47KΩ

MM型も使えるようにスイッチを付けました。アンプ側はMCとMMの切り替えは簡単に

なりました。プレーヤー側は、M-97XEをアームにDL-103と付け替えればよいのですが。

とは言ってもシェル、カートリッジの水準器による水平垂直や、電子針圧計による針圧調

整(1.25g)、インサイドフォースキャンセラーの糸の架け替えなど、老眼の老人には少

し鬱陶しい作業です。(^^;

下は、シュアーV15TypeⅢがSMEのシェルに付いた写真です。当時はSMEのシェルは持っ

ていませんでした。今の、M-97XEはSMEのアームに付いていたSMEのシェルに付けてい

ます。SMEのアームは本来シュアーの様な軽針圧カートリッジに合うと言われていました。

i-img1200x765-156293691179v4hc698217.jpg

この1週間レコードをヘッドフォンで聴きまくっていました。M-97XEはティンパニーの質

感や立ち上がりが良く、オーケストラの低音が良く締まって聞こえます。オーケストラの各

楽器の分解能も大変良いです。充実した音質で音楽が聴けます。

DL-103は再度針圧や、昇圧トランスの入力インピーダンスを調整する必要を感じさせられ

ました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ヘッドフォンアンプ用の東京光音製アッテネーター組み立てました [オーディオ]

昨年購入したのですが、作るのが面倒で放っていたのをやっと抵抗を取り付けました。

このアッテネーターは、タムラ出力トランスを使用した、自作12AU7/ECC82差動PP

のヘッドフォンアンプに使用する物です。500kΩ型を作りました。今日では100kΩ位

が多いのですがインピーダンスが高い方が私は音が良いと思っています。(^^;

(写真は他からお借りしました。同型機です。)

817s0YGSZOL._SL1500_.jpg

下は以前にも出しましたが、自作のヘッドフォンアンプです。中身はほとんどトランスが

占めています。ヘッドフォンのジャックは後ろのパネルにキャノンコネクターを取り付け

てケーブルで自作の標準フォーンジャックのケースと繋いでいます。6.3mmの標準プラグ

をカチッと挿すのは気持ちがいいです。今日一般的な「ミニプラグ」は貧弱に感じます。

(^^;

DSC_0017.JPG

愛用のソニーとオーディオテクニカのヘッドフォンはインピーダンスが大きく違うので、ト

ランスの出力の2次巻き線を切り替えられるようにしました。


所で、一緒に購入した国産の抵抗器なのですが、値が間違ったものが2本ありました。今更

文句を言っても仕方がありません。届いてすぐにチェックしなかったのが悪いのです。

たまたま、同じメーカーの同じ数値の手持ちが有りましたので、何とかなりました。

(^^;

2個のヘッドフォンを真空管ヘッドフォンアンプで簡単に切り替えて聞けるようになりまし

た。アッテネーターのクリック感もなかなか良いです。音質も少し良くなった気がします。

(^^;

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ヘッドフォンの使い分け [オーディオ]

私が現在愛用しているオーディオテクニカのATH-R70X 470Ωと、ソニーの MDR-CD

900ST 63Ωです。ATH-R70Xは大変フラットな特性だと感じます。文句なくクラシック

専用です。MDR-CD900STは少し高域に味付けがしてあるように感じます。そのためボー

カルが良く伸びた感じで聞こえます。これでクラシックを聴いてもさほど違和感はありま

せんが。

1_000000056411.jpg

現在は、MDR-CD900STはもっぱら天地真理のレコードやCDを聴くために使っています。

ソニーのコメントを読むと「原音をそのまま再生する音質」などと書かれてはいますが、私

には納得できません。以前ネット上で録音技術者の人がこのヘッドフォンは高域の特性がい

じってあるのでモニターとしては使えないという様なコメントを読んだ記憶があります。今

になってこの人の言うことが理解できました。確かにプロのモニター用のヘッドフォンとし

ては少し「クセ」があると思います。しかし私はボーカル曲の「観賞用」としては良いと思

っています。(^^;

41Midcw9pmL.jpg

私には精密な周波数特性の測定など出来るわけがありません。しかし、2台の機器を聴き比

べてみると相対的にそれぞれの機器の特徴が良く分かります。とは言っても大変微妙な違い

です。(^^;

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

激安デジタルテスターDT-830B完動!!! [オーディオ]

また、私以外の人にはどうでもよい事ですが。(^^;

この前までのDCの電圧、電流と抵抗の測定は大変良い結果でした。今回AC電圧が残って

いるのでテストしてみました。アマゾンのレビューではAC100Vを測ったら一発で壊れた

と言うコメントがあったので慎重にテストしました。後ダイオードのチェックと、トラン

ジスタのhFEの計測もできるのでテストしてみました。

(写真は全て他からお借りしました)

71khwvGCWUL._SL1280_xx.jpg

AC100Vは、安全のため手持ちのスライダックで電圧を徐々に上げてテストしようと思った

のですが、面倒なのでエイヤっと測ったらちゃんと約100Vになりました。壊れませんでし

た。(^^;

トランジスタのhFEは手持ちのポピュラーな?NPNの2SC1815とPNPのS8550を測ってみ

ました。このトランジスタは前に書きましたが、去年の正月に仕方なくアマゾンで購入した

中華人民共和国製の15種600本セットの2本です。(^^;

私は、真空管アンプに使う半導体は整流用のダイオードと、差動アンプに使う3端子レギュ

レータだけです。ですので、これまでもhFEの測定はしたことがありません。今回はテスタ

ーの機能のチェックのためにだけに行ってみました。(^^;

ソケットへの挿入に少しコツがいりますが、どちらも、hFEは300前後でデータシートの値

の範囲内を示しました。ダイオードチェックも順方向電圧降下の約600mVを示しました。

逆方向は説明書通りの記号"1"が出ました。


以上で、すべての機能の完全動作が確認できました。すぐに切れるというテスト棒のリード

線も普通に使っている分にはそう簡単には断線しそうにはありません。この個体は当たりだ

ったのかも知れません。メーカー名すらどこにも書いてない中華人民共和国製激安テスター

恐るべしでした。(^^;

先ほど調べたら、アマゾンプライムで私は447円で買いましたが、今は398円でした。プラ

イムでない物は、高額の詐欺まがいの出品が目立ちました。ご用心を!。

img_0 (1).jpg

「私はテスターなんか興味ありません」というお顔でしょうか。(^^;

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

sanwa U-50DX テスター復活しました [オーディオ]

私以外の人にとっては、どうでもよい事だとは思いますが。(^^;


この前、私の不注意で0.1V/50μA端子の回路の7Ωの巻線ヒューズ抵抗が飛んでしまいま

した。6.8Ωのヒューズ抵抗は秋葉原で売っている様ですが、1本だけ買うのはバカバカし

いので、手持ちの普通の抵抗で代用しました。7Ωちょうどは無いので10Ω//22Ω≒6.9Ω

としました。DCの0.1V以下や、50μA以下の電圧電流を測って他のテスターの値と比べて

みました。激安デジタルテスターが微小電圧、電流の測定でも計算値にほぼ合う値でした。

U-50DXをはじめとするアナログテスターは微小電圧ではかなりの誤差がありました。入力

インピーダンスの問題だと思います。微小電流は大体どれもほぼそろった値でした。アナロ

グテスターは前に書いた抵抗値測定なども含めて、全体的に激安デジタルテスターに完敗で

した。(^^;

(写真は他からお借りしました)

f119329878.1.jpg

やはり、U-50DXはACボルトメーターアダプターM-2V用ののメーター専用にします。

50μAレンジは大丈夫なようです。(^^;

m-2v.jpg

それにしても恐るべき447円テスターです。アマゾンではさらに300円台の出品もあるよ

うです。(^^;

プレート電圧1000V以下の真空管アンプの製作等に使うには十二分な性能です。

51vkwU2mgyL.jpg

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

激安デジタルテスター買ってみました [オーディオ]

この前アマゾンで三和のYX-361TRを購入する時色々見ていたら、とんでもなく安いデジ

タルテスターがありました。DT-830Bを試しに447円で購入してみました。電池は付いて

いません。プライムなので送料は無料です。(^^;

アマゾンのカスタマーレビューは☆4つ以上が63%だったので、完全なハズレ品でなけれ

ば使えるだろうと思いました。マニュアルレンジで200μAが付いているので、前に書いた

ACボルトメーターアダプターのM-2Vのメーターとしても使えるはずだと考えました。テ

スターはこれまで国産の三和製しか使わないつもりでしたが、三和のデジタルテスターは

高価で遊びに使うにはもったいないし、アナログテスターが3台もあるので十分です。私の

嫌いな中華人民共和国製ですが、447円なら安物買いの銭失いでも良いでしょう。(^^;

(写真は全て他からお借りしました)

51vkwU2mgyL.jpg

それにしても、上の表のDC電流の分解能の数値の誤記はお粗末です。(^^;

英文のマニュアルには正しく表記してありました。


カスタマーレビューで、テスト棒のリード線の断線、電池が入りにくいなどの問題。また、

測定上の問題でAC100Vを測ったら壊れた、誤差が大きいなどの問題がさんざんに指摘され

ていました。そこで、下のYX-361TR、CX-506と比べてみました。

抵抗値は、DT-830Bが最も正確でした。3桁目を四捨五入すれば抵抗の表示値にによく合い

ます。CX-506は2桁の値は何とかほぼ合います。YX-361TRは誤差が大きいです。

DC電圧は、上位2桁で見ればどれも大体揃っています。

少なくとも抵抗測定や、DC電圧測定においては447円のDT-830Bに、アナログテスターは

形無しです。(^^;今後はAC電圧やDC電流もテストしてみたいと思います。

この激安テスターDT-830Bは十分使い物になると思います。このまま壊れないことを祈って

います。(^^;

51wNnUCftyL.jpg

蛇足ですが、下のCX-506は当時1万円近くしたと思います。なぜこんな高い物を買ったのか

と言うと、UV-211アンプを作る時のためです。最近ではアナログもデジタルもDC1000

V以上のレンジがあるものは見当たりません。でも、送信管UV-211/VT-4Cのアンプは何時

になったら作るのでしょうか。その前に作りかけの300Bppパワーアンプを完成しなけれ

ばいけません。(^^;

HINCD-00359-CX-506.jpg

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

テスター買い換えました [オーディオ]

学生時代から使っていたテスターのμAレンジを私の不注意から壊してしまいました。この

テスターは下の右のラックスキットのACボルトメーターアダプターのM-2Vのメーターと

して使っていました。デジタルテスターではこのアダプターに使うための電流レンジが合う

ものがなく、下の左の三和のYX-361TRというアナログテスターを買いました。

(写真は全て他からお借りしました)

51wNnUCftyL.jpgm-2v.jpg

左下が学生時代からの愛器でμAレンジを壊してしまった三和U-50DXです。右下は10数年

前に買った三和CX-506です。CX-506もアダプターのメーターとして使えますが、やはり

もう1台欲しくなりYX-361TRを買ってしまいました。(^^;

f119329878.1.jpgHINCD-00359-CX-506.jpg

もう一つYX-361TRを買った理由は、AC電圧が2.5Vや10Vレンジで40Hz~100kH±3%と

という昔のテスターでは考えられない特性があったからです。オペアンプでAC電圧増幅器

を電子工作で工夫して作ってみようと思っています。ミリバルとしても使えるかもしれませ

ん。ミリバルはM-2Vで十分なのですが、ちょっとしたお遊びです。(^^;


三和U-50DXは、私が学生になって初めて真空管アンプ作りのために買ったものです。夜な

夜な自作アンプをいじりまわしていた時、下宿の壁に貼った真理ちゃんのポスターをこのテ

スターも見ていたはずです。(^^;

ちゃんとしたアンプの測定は、大学の研究室に行けば高価な測定器がゴロゴロと有ったので

大学へ持って行けばよいと思っていました。下宿から歩いて10分位で行けたと思いますが、

結局アンプが重すぎて一度も持って行けませんでした。学生時代はほとんど一発でアンプは

動作しましたので、自分の耳が最高の測定器だと自負していました。(^^;


明日は、新元号が発表される日なので、私のおバカなこのブログはお休みします。昭和に続

き平成も終わってしまいました。新元号の何年まで私は生きられるのでしょう。この様に考

えると、若かった平成の時と比べて、何か厳粛な気持ちになります。(^^;


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Technics SL-1300 [オーディオ]

Technics SL-1300は約20年前に頂いたものです。CDに乗り換えるとのことで、ギター

のレコードを頂きに行ったら、プレーヤーもいらないからと頂いで帰ったものです。

この方のおかげで、私のギターのレコードはかなり増えました。(^^;

写真はTechnics SL-1300の同型機です。この方は、シェルはDENONのPCL-7を付けて

いました。また、カートリッジはオーディオテクニカのAT7Vを付けていました。私は、

このシェルにDL-103を付けてトーレンスのSMEのアームで使っています。PCL-7のシェル

は昔欲しかったのですが、当時はちょっと高かったので、その内買おうと思っているうちに

買いそびれてしまいました。DENONのDL-103にはやはりPCL-7のシェルが似合います。


(写真は全て他からお借りしました)

頂いたTechnics SL-1300の同型機です。

sl-1300.JPG

私の持っているトーレンスTD-521 SMEアーム付きの同型機です。30数年前に、家内と

結婚する直前に秋葉原で店頭展示品で「少し」安かったので購入しました。結婚してから

こんな物を買うのはとても許してもらえないと思ったからです。(^^;

201704041601_1.jpg

SL-1300を大切に保管しているのは、単に、トーレンスが壊れた時の予備のためです。

今日オーディオ界はレコードブームということですが、高価なプレーヤーが復刻や、新機種

で発売されています。レコードは今後もずっと聴きたいと思っていますが、さすがに私はも

うこれ以上プレーヤーを買い替えるなどのお金をかける気持はありません。


無題pcl7xx.jpg

真空管アンプはもう少しやっていくつもりです。やっと重い腰を上げて、現在自作マランツ

#7型プリアンプの修復に悪戦苦闘しております。ちょっと組み立て直せばすぐ鳴るはずと

思っていましたが、どこかに「#7の悪魔」が潜んでいるようです。(^^;

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

今年こそ、オオカミ老人は早く返上したいのですが [オーディオ]

去年の8月頃に自作マランツ#7型プリアンプを復活させると書いてから、またほったら

かしてしまいました。なかなか集中力が湧きません。アンプの配線は、ギターを弾いたり

物理の本を読むのとはまた違った集中力が必要なようです。イコライザー基板は本物とほぼ

同じ作りににしているので、基板をケースに取り付けて入出力と電源を配線して、真空管

をさせばよいだけなのです。(^^;

ラインアンプはそのままなので、直ぐに音出しできるのですが..........。なかなか重い腰が

あがりません。

(下のマランツの写真は本物です)

141526558230026595178_7b.jpg

300Bppウィリアムソン型パワーアンプも、半分くらい配線してそのままです。下の写真は

以前出したものです。

P1000002a.jpg

「今年中」には、これらのアンプで天地真理のレコードを聴いてみたいと思っています。

勿論クラシックもですが。(^^;

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - オーディオ ブログトップ