So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

天地真理「夏を忘れた海」に見る音楽的こころ [音楽]

この曲は、最初は昭和47年12月発売のアルバム「明日へのメロディー」B面1番目の曲

として出されました。その後ライブアルバム「オン・ステージ」、「私は天地真理」にも

収録されました。最後が下のファンクラブ向け非売品のEP盤です。ヒット曲全集やギフト

パック等は別にして、4回もレコードに収録された天地真理の曲はこの曲だけです。

シングルA面のいわゆるヒット曲ではなく、オリジナルアルバムの中の1曲が4回もレコー

ドに収録されることは珍しいことだと思います。

しかし、私は学生時代、ギフトパックのLPでこの曲を持っていましたが、少し寂しい曲

と感じていました。当時の私が天地真理に求めていた「元気で可愛い真理ちゃんの歌」のイ

メージと異なっていたため、ほとんどこの曲は聴くことがありませんでした。

IMGx.jpg

今日の私には、この曲は素晴らしいと感じます。特に、過ぎ去った青春の日々を思い出し

ながら聴く「私は天地真理」のピアノ弾き語りのこの曲には、聴く者を遠い過去の感傷的

な世界に連れて行ってくれます。真理ちゃんの歌唱力の素晴らしさです。

この曲を聴くと、何故かパット・ブーンの「砂に書いたラブレター」を思い出します。

o0420051413728676147.jpg

ライブやスタジオ録音でレコードに収録された4種類の「夏を忘れた海」は天地真理の音楽

表現力の多様性を示していると思います。

nice!(0)  コメント(0)