So-net無料ブログ作成

宝の持ち腐れだったTKS-27を昇圧トランスにして天地真理を聴いてみました [オーディオ]

タムラのTKS-27を厚手の小型アルミケース(タカチ製)に取り付けて、ロータリー

スイッチで入力インピーダンスを切り替えられるようにして昇圧トランスにして、DENON

AU-320と交代させてみました。復活させたDENON DL-103LCで天地真理のLPを試聴して

みました。ファーストアルバム、オン・ステージ、小さな人生などです。入力インピー

ダンスは300Ωがベストでした。2次側の負荷はイコライザーの標準入力抵抗47kΩです。

DL-103LCはデジタル針圧計で2.50gです。何故もっと早く作らなかったのでしょう。

以前からほぼ完成していたのですが配線ミスが2箇所あり、それを直すのが面倒だったので

ほうってあったのです。後、負荷抵抗を何kΩにするか決めかねていただけでした。(^^;

今回47kΩそのままでしたが、マスターテープの音質に肉薄しているのではないかという

音になったと自画自賛しております。AU-320とは次元が違う音です。(^^;

ourson67a-img600x400-1399873113ujwsc845574.jpg

何がどうと言うより、ヘッドフォンで試聴していて時々目の前にあるTANNOYから音が出て

いるのではないかと錯覚するようなスッキリと伸び伸びした音で、天地真理の歌声が浮き

上がった音楽空間が広がりダイナミックレンジも見事です。ヤフオクでTKS-27が現在でも

かなりのプレミア付きの高額で取引されているのがうなずけます。私のは秋葉原で昔新品を

定価で購入していたものです。

photo_149.jpg

結果が大変良かったので、早速EL34ppでTANNOY DEVONでも聴いてみました。DEVON

の本当の実力がやっと出たと感じました。やはり、オーディオにおいて音源の音質は大変

重要であることを再認識しました。(^^;

ちなみに、DL-103LCとDL-103の違いは、DL-103LCの方が少し帯域が広がっている感じ

がします。私の好みから言うとDL-103LCの方が良いと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽