So-net無料ブログ作成

ギターでバッハを味わうために [クラシックギター]

私が初めてギターでバッハの演奏を聴いたのは、セゴビアのレコードの「シャコンヌ」で

す。高校生の頃だったと思います。楽譜を銀座ヤマハに買いに行きました。セゴビア版が

欲しかったのですが見当たらず、イエペス版を買いました。楽器もまだ河野は持っておらず

はっきりとは覚えていませんが、松岡か鈴木だったと思います。

セゴビアの演奏は当時の私には衝撃でした。ギターでバッハがここまで弾けるのだと。勿論

私の技量でまともに弾ける訳もなく、大学に入るころには半分あきらめていました。

(^^;

DSC_0003.JPG

ベートーベンやモーツアルト等をわざわざギターで弾いても仕方がないと思っていた私で

すが、バッハの曲はギターで弾いても良いのではと感じるようになりました。ソルやジュ

リアーニ、タレルガ等々古典のギター曲や南米系の曲等に、既に何か食い足りない物を感

じていた高校生でした。

「シャコンヌ」は後にヴァイオリンによる名演奏を幾つか聞くうちに、私の心から離れて

行きました。

img20190722_20072503x.jpg

現在では、リュート組曲第一番と四番、チェロ組曲第三番、BWV998プレリュード、フー

ガ、アレグロあたりを悪戦苦闘して練習しています。(^^;

これらの曲はギターの演奏にも合った、味わい深い曲だと思います。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。