So-net無料ブログ作成

Thorlaksson先生!何故? [クラシックギター]

オリジナルはSylvius Leopold Weiss「リュートソナタ第34番ニ短調」と言うようです。

第36番の表記もあるようです。ギターではヴァイスの「ソナタニ短調」で十分でしょう。

私は学生の頃は一番下の好楽社版で練習していました。その後、カール・シャイト版で練

習していました。カール・シャイト版は⑥弦がレです。しかし、私には少し納得が行かな

い編曲でした。今回ネットで見つけた、アイスランドのThorlaksson(読み方が分かりま

せん)先生の楽譜と、他の2つの楽譜と弾き比べてみました。結局好楽社の玖島隆明版に

に戻って弾くことに決めました。また、YouTubeの演奏と編曲を参考にしました。

(^^;

少し遅めに弾けば、バッハより易しく弾けて、十分にバロック音楽の雰囲気が楽しめます。


所で、下の表紙の様にThorlaksson版はヴァイス大先生の名前の順番が違っています。さら

に、曲名が「ソナタ」ではなく「組曲」になっています。楽譜はちゃんとしていますが、表

紙がお粗末でした。まあご愛嬌と言うところでしょうか。

無題D.jpg

ギタルラ社のカールシ・ャイト版は⑥弦レですが、少し弾きにくい編曲です。かなり原曲

に近いのではと思います。

IMG_0001.jpg

好楽社の玖島隆明版は標準調弦で、弾きやすい編曲、運指になっています。名前の順序が

間違っています。(^^;

img20190616_12383156.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。