So-net無料ブログ作成

ちょっとだけ南沙織「喜劇 花嫁戦争」 [日記]

せっかく衛星劇場を契約したので、主に「松竹」の昔の映画を見ています。元々、戦後か

ら昭和50年代位の時代の日本映画が好きなのです。映画の内容よりも、当時の街並み等

が懐かしくてつい見入ってしまいます。私が子供や若かった頃の日本が垣間見えるのが何故

か嬉しいのです。(^^;

昭和46年10月公開の、和田アキ子主演の映画です。デビュー間もない南沙織が出ているの

で録画してみました。2枚目のシングル曲「潮風のメロディ」を歌っただけのチョイ役でし

た。新曲の宣伝のための出演の様でした。(^^;

(下の2枚は衛星劇場のHPからお借りしました)

無題ms2.png

無題ms.jpg

昭和46年と言えば、私は浪人生でよく予備校をさぼってパチンコをしていました。その時

南沙織のデビュー曲「17才」がしょっちゅうかかっていたのを覚えています。

無題ms3.png

その後、昭和48年に下のアルバム「20才まえ」のレコードジャケットをレコード屋で見

かけて衝動買いしました。当時の私には、特にこのレコードジャケットの南沙織の写真は大

変魅力的に感じました。

100_SRCL-2069.jpg

img_1.jpg

続けてアルバム「ひとかけらの純情」も買いました。

91zSNtvj+NL._SL1500_.jpg

91RfOsh8RnL._SL1500_.jpg

南沙織は、私からすればまさに元祖「アイドル」であり、その「アイドル」が故の歌声は

何か物足りない物を感じました。私が「アイドル」とは呼びたくない天地真理や小柳ルミ

子と比べると失礼ながら、歌は素人の域を出ていません。この2枚のLPで私の南沙織熱は

冷めて行きました。とは言っても今でも嫌いではありません。(^^;

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。