So-net無料ブログ作成

ポンセの「ワルツ」の楽譜 [クラシックギター]

アルカサールは譜面には手を加えず、運指のみ書いたと言っています。後半の終結部の最

後から2小節目の1拍目のバスの音が、「アルカサール版」は「ミ」になっています。

「セゴビア版」は「レ」です。Enriqueさんの「原典版」は「ラ」です。

「アルカサール版」前半の終結部の同じところは二分音符の「レ」となっていますので問題

は無いのですが、後半も常識的には「ラ」か「レ」だと思います。しかし最近ひょっとする

と「ミ」も有かな?と思い始めました。ただし、理屈としては「ミ」は付点二分音符では弾

けません。少なくとも、ここは「ラ」や「レ」であればEnriqueさんの原典版の様に二分音

符であるべきです。「ミ」であれば四分音符にしなければ弾けません。誤植の可能性が高い

とは思いますが、私には確かめる術がないので、楽しんで「ラ」や「レ」や「ミ」で弾いて

おります。多分、二分音符の「ラ」が一番可能性が高いとは思っていますが。(^^;

(譜例はEnriqueさんのブログから勝手にお借りしました。)

無題1.jpg

無題2.jpg

img20190516_23540565.jpg

               アルカサール版終結部

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 2

Enrique

ごめんなさい。
最後から2小節目のバスはDが正解です。打ち間違えました。弾いてみて気がつきました。画像入れ替えます(汗)。
アルカサール版のEもまた間違いですね。この点はセゴビア版が正解でした。
by Enrique (2019-05-18 17:53) 

たこやきおやじ

Enriqueさん

有難うございます。これでスッキリしました。(^^;
by たこやきおやじ (2019-05-18 18:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。