So-net無料ブログ作成

星に願いを [クラシックギター]

子供のころから「星に願いを」は私の大変好きな曲でした。この曲をギターで弾いてみた

かったので10年くらい前に「魅惑のポピュラー・ギター名曲選」という楽譜を買って

みたのを思い出しました。今回易しいのでリハビリ代わりにギターで弾いてみると素朴で

美しいメロディーが引き立ちます。特にdimコードが不思議な幻想的な気分にさせてくれ

ます。

(写真は全て他からお借りしました)

無題dsa.jpg

dimコードは古典以前の曲ではまず出てこないと思います。(私の認識不足かもしれませ

んが)

ボサノバなどにはよく出てくるようです。私としては大変「新鮮」な響きに聞こえます。

意味不明な変な書き方ですが、バッハの練習に飽きたときに少し弾いてみると、この曲の

魅力的なことを観じますが、逆にバッハの曲の素晴らしさも感じます。

また、この曲を私としては天地真理さんに歌ってほしかったと思います。夢のように美しい

歌になると思うのですが........。残念です。(^^;

img_8 (1).jpg

(「私の知る限り」では天地真理さんがこの曲を歌った録音は無かったと思います。)

nice!(2)  コメント(4) 

nice! 2

コメント 4

Enrique

えーっと,dimはけっこう前からある様な気がします。
バッハも結構使っていますし(和声というより,対位法的動きからそうなるのかもしれませんが),ソルの魔笛の終わりの大見得を切ったところは典型的なdimかと思います。
by Enrique (2019-01-31 16:19) 

たこやきおやじ

Enriqueさん

えっ、やはり私の認識不足でしたか。(^^;
ところで、大見得を切ったところとは第5変奏曲の後ろから何小節目でしょうか。私では見つけられませんでした。よろしくお願いいたします。
by たこやきおやじ (2019-01-31 17:25) 

Enrique

失礼しました。
コーダのうしろから9小節目,第2拍目の和音が密集しているのでdim和音だとばかり思っていましたが,今楽譜を確認してみましたら,音はCEGA#ですので単にセブンスの様ですね。
むしろジュリアーニのソナチネOp.71-3の第1楽章5小節目の3拍目とかは遷移部ではありますがCdimになっていると思います。まるまる小節内がdim和音になると言うのはなさそうです。

by Enrique (2019-01-31 21:35) 

たこやきおやじ

Enriqueさん

有難うございます。なるほどCdimですね。次の小節にはGdimがありますね。私の勉強不足でした。(^^;

by たこやきおやじ (2019-01-31 22:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。