So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Blu-specCD2は従来のCDを超えたのか [オーディオ]

はからずも、Blu-specCD2(BSCD2)を初めて聴くことができました。従来のCDである

「天地真理ベスト・コレクション」と「私は歌手」のDISC1の「コンプリート・シングル

A面コレクション」は同じ「サンパチツートラ」のアナログマスターテープからデジタル化

されているはずです。「水色の恋」~「恋する夏の日」あたりまでを聴き比べてみました。

装置はマランツM-CR611とソニーのMDR-CD900STです。

一聴してBSCD2の方が高域が良く出ているのを感じます。ドラムの立ち上がり、エレキベー

スの締まりが良く、真理ちゃんのボーカルも少し前に出てくる感じです。

また、私の最適試聴ボリューム位置がBSCD2の方が2ステップ下なので、ダイナミックレン

ジも向上している感じがします。音場空間もより鮮明です。

img20181228_20281400.jpg

下がこれまで、私が持っていた唯一の真理ちゃんのCDです。何かもやっとした音質で、納得

出来ませんでした。

515u22cN4AL.jpg

上記の比較を通じて、BSCD2の音質ならアナログレコードと勝負が出来そうだと思いま

した。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。