So-net無料ブログ作成

今年こそ、オオカミ老人は早く返上したいのですが [オーディオ]

去年の8月頃に自作マランツ#7型プリアンプを復活させると書いてから、またほったら

かしてしまいました。なかなか集中力が湧きません。アンプの配線は、ギターを弾いたり

物理の本を読むのとはまた違った集中力が必要なようです。イコライザー基板は本物とほぼ

同じ作りににしているので、基板をケースに取り付けて入出力と電源を配線して、真空管

をさせばよいだけなのです。(^^;

ラインアンプはそのままなので、直ぐに音出しできるのですが..........。なかなか重い腰が

あがりません。

(下のマランツの写真は本物です)

141526558230026595178_7b.jpg

300Bppウィリアムソン型パワーアンプも、半分くらい配線してそのままです。下の写真は

以前出したものです。

P1000002a.jpg

「今年中」には、これらのアンプで天地真理のレコードを聴いてみたいと思っています。

勿論クラシックもですが。(^^;

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

Enrique

私も技術者モードと演奏家モードは全く異なると痛感しています。演奏をちょっと録音するだけでも,ちょっとメンドウな配線や調整はダメです。それをやったら今度は演奏する気がまるでしなくなってしまいます。
by Enrique (2019-01-09 06:38) 

たこやきおやじ

Enriqueさん

アンプ作りは回路を色々考えている時が楽しいのです。配線作業は単純作業で面白くありません。大変芸術的な配線や部品の実装をされる方もおられますが、私は生来の不器用な人間なので真似すらできません。
(^^;
by たこやきおやじ (2019-01-09 19:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。