So-net無料ブログ作成

私にとっての天地真理の歌声のルーツとは [音楽]

私がまだ小学生のころ、家族で上野動物園に行ったことを思い出します。当時はまだ、上野

駅のガード下には「傷痍軍人」がアコーディオンを弾いていた光景が見られました。

その頃出た吉永小百合の歌う「寒い朝」が私の印象に強く残っています。この曲は、

天地真理の「ちいさな恋」と共通点があります。以前にも書きましたが、短調から長調に

転調することです。

(写真は全て他からお借りしました)

無題cvf.png

私は子供心に、転調した希望にあふれたメロディーや歌詞が気持ちよく聞こえ、良い曲だな

と思いました。今思えば吉永小百合の歌声は素人的地声でしたが、健気な歌声は声楽的な

技術とは関係なく、聴く人の心を打つものがあります。この曲の印象が強く残っていたた

め、天地真理の「ちいさな恋」を聴いたときも、同じく転調の所で、何か私の心の琴線に触

れるものがありました。

a.jpg

そして天地真理のさわやかな歌声は、私に初めて「歌謡曲なんぞのレコード」を買わせし

めたのです。(^^;

maxyz.jpg

さらに40年以上経った今日、CDのセットまで買って喜んでいる老人になってしまいま

した。届くのを楽しみに待っています。(^^;

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。