So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

リヒテル「平均律クラヴィーア曲集第二巻」のレコードのこと [音楽]

10年前にこのブログで、このレコードの事を書いています。当時は良い写真が見つから

なかったので違うジャケットの写真しか出していませんでした。下の写真は私が持って

いるレコードの3枚組のケースと同じものです。当時私は「神がかり」と言う表現をして

いました。(^^;

一点の曇りもない名演奏とはこのレコードの演奏を指すのでしょう。10年前の私のオーディ

オシステムと現在ではかなり進歩(^^;しています。特にリヒテルのピアノの高音の

美しさが際立ちます。私が、3枚連続でこのレコードを聴いても、眠気をもよおさない素晴

らしい演奏だと思います。(^^;

YouTubeでも同じ録音のものが聴けますし、他にもグレン・グールドも聴けますが、残念な

がらYouTubeのビットレートではリヒテルの良さの片鱗しか聴けません。(^^;

(写真は全て他からお借りしました)

99686.jpg

このレコードは社会人になってから買った物です。何故、第一巻も買わなかったのかは全く

記憶がありません。残念です。(^^;

他のリヒテルのレコードは、20年くらい前に、音楽好きの友人がレコードからCDに乗り

換える時に頂いた、シューベルト「さすらい人幻想曲」「ピアノソナタ第13番」と

シューマン「蝶々」が入ったLP1枚しかありません。

下は、2000年の頃購入た本です。特に日記の様な「音楽をめぐる手帳」に、他の音楽家の

録音や演奏を聴いた感想がメモしてあります。リヒテルの音楽観が良くわかります。

51H0HC7B41L._SX338_BO1,204,203,200_.jpg

学生時代にリヒテルの素晴らしさに気づいていれば、もっとレコードを集めていたと思い

ます。もうクラシックはCDを(音質的に)買う気が起きないので、今になって、本当に残念

に思っています。(^^;

真理ちゃんもバッハを弾くのでしょうか。(^^;

687038_1327682197.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。