So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

シュアーM97xEで天地真理を聴いてみると [オーディオ]

これまでずっと、カートリッジはDENONのDL-103と昇圧トランスのタムラTKS-27で、

イコライザーアンプの入力抵抗47kΩを外していました。なので、MM型は使えませんで

した。重い腰を上げて(^^;昇圧トランスにSWでTKS-27をパスして、47kΩが負荷

にできるようにしてみました。

もう2~3年シュアーは聴いていませんでした。慎重にプレーヤー全体とカートリッジ

の水平をチェックして、針圧は標準の1.00gで聴いてみました。勿論インサイドフォース

キャンセラーも1.00gの目盛に重りの糸をかけて、糸とメモリの棒との直角を調整しま

した。

(写真は他からお借りしました)

shure_m97xe_3.jpg

下の写真は、恥ずかしながら自作のTKS-27昇圧トランスの実物です。(^^;後ろに

ちらっと見えるのは、DENONの昇圧トランスAU-320です。

右側の2個のSWでMCとMMを切り替えます。

DSC_0001.JPG

真空管式差動ヘッドフォンアンプで、天地真理のLPを何枚も聴きましたが、「私は天地

真理」のライブアルバムの高域の声が際立って美しく、伸び伸び聴こえたのが印象的で

した。

無題xx.jpg

DL-103との聴き比べは、改めて書きたいと思います。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。