So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

天地真理を聴くためのソニーのヘッドフォンのイヤパッド交換しました [オーディオ]

ソニーのMDR-CD900ST購入してから約3年になりました。イヤパッドがボロボロになって

来ました。真空管式差動ヘッドフォンアンプを作って以来使用頻度が高くなりました。私は

眼鏡をかけたままヘッドフォンをするので、眼鏡のツルが当たるところからパッドの革が

破れていくようになりました。アマゾンで互換品のBlueFireのZN58というのを買ってみま

した。

無題sony.jpg

数mm純正品よりパッドが厚く、スポンジも固めです。そのため、ドライバーが少し耳から

遠くなるので音圧が低くなります。ボリュームを少し上げてやれば問題はありません。

しかし、音色、音質と言いますか「音の感じ」は大きく変わってしまいます。これは、

スピーカーのすぐそばで聴くのと、数m離れて聴くのとの違いと同じだと思います。すぐ

そばで聴くと、当然ですが、細かい音までよく聴こえます。

私としては、互換品の方が音楽としての纏まりが良いと思ます。純正品の音が変わってし

まうのは嫌だという人は、この様な互換品は止めた方が良いです。(^^;

少し前に、録音技術者の方が、このヘッドフォンは、数字は忘れましたがある帯域が強調

されていて、プロの録音技術者としては使い物にならないと酷評されていたのを読んだこと

があります。私は、ドライバーと耳との距離に起因しているのではと思っています。

私は音楽鑑賞用に使うので、互換品のパッドでの音質は何ら問題は感じません。

a.jpg

試聴には、天地真理のアルバム数枚と、クラシックは10枚くらい聴いてみました。(^^;

このソニーのヘッドフォンは、パッドが薄いため耳が痛くなるのが有名な欠点ですが、互換

パッドはあまり痛くなりませんでした。(^^;

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。