So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

真理ちゃんは本当に怖かったのでしょうか? [日記]

一瞬、素の真理ちゃんが出た写真だと思います。真理ちゃんも人の子、普通の女の子で

あったのだと感じさせる貴重な1枚だと思います。(^^;

この表情を、撮影用に真理ちゃんが意識して作ったのであれば、真理ちゃんは相当な

「役者」です。(^^;

(写真は全て他からお借りしました)

w247338043.jpg

こちらは、当然撮影用の真理ちゃんスマイルです。(^^;

img_0_m (19).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

天地真理「私は歌手」ちょっと心配なこと [音楽]

私は規定数到達前に予約したので、直筆サイン色紙がもらえるので喜んでいます。(^^;

ところで、規定数とは何個のことなのでしょうか。「天地真理さん」はこの個数分サイン

色紙を書く事になります。お若い頃は、山のようにサインを書いたと思います。(^^;

しかし、もうお若くはないので、あまり数が多いと心配になってしまいます。私はおそらく

100位だと思っています。発売日までにはまだ時間があると思いますので、どうか腱鞘炎

などにならないように少しずつ書いて頂きたいと思います。

私なんぞが心配しても仕方がないことですが。(^^;

687038_1533067889.jpg

学生時代は、天地真理のレコードは買っていましたが、サインが欲しいとは全く思って

いませんでした。(^^;

私の人生において、しかもこの歳になって、おそらく最初で最後のサイン色紙が

「真理ちゃん」のサインとなるとは、私はなんて幸せなのでしょう。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 

天地真理と兎さん [日記]

ナベプロ発行の雑誌のようです。当時は、こんな雑誌or会報?が存在したことすら知り

ませんでした。この様に年月が書いてあるのは、当時雑誌等ををほとんど見なかった者

には大変参考になります。

衣装から、下の写真は同じ時に撮影されたと推測しています。場所は、軽井沢と表紙に

書いてあります。昭和47年の8月号ですから、真理ちゃんは歌手デビューから1年も経っ

ていない頃だと思います。大変初々しい真理ちゃんの写真だと思います。

(写真は全て他からお借りしました)

zkai17216.jpg

img_0 (58).jpg

少しまぶたがはれているように見えます。朝が早かったのでしょうか。(^^;

2017March_MariDSCF8075-100 (1).jpg

この自転車の写真は以前にも出しましたが、私は大変気に入っています。

20160308180903f0b (1).jpg

モノクロの写真は大変味わい深い感じがします。

1646_2e1abe2046.jpg

下の写真は、真理ちゃんの清楚ではつらつとした可愛さが、非常に良く撮れた1枚だと

思っています。

687038_1488751807.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

私の好きな1枚その2 [日記]

この写真はおそらく合成ではないかと思います。でも大変よく出来ていると思います。

(写真は全て他からお借りしました)

maxresdefault (9).jpg

「夏を忘れた海」を聴きながら見るには、大変良い写真です。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 

天地真理を聴くために自作マランツ#7型プリアンプ復活予定 [オーディオ]

去年の12月に復活かと書いてから早半年が経ちました。(^^;

写真のマランツ#7は本物です。私が持っているわけはありません。自作のコピー機

は、以前写真を出しましたが、やはり本物と比べるとちゃちな感じです。但し、音質重視

です。名器と言われる装置は美しい機能美があります。なので、自作機の写真は恥ずかし

いのでもう出しません。(^^;

そろそろ、再組立てしてみようと思っています。(いつも、思っているだけですが)

大地アース等で装置全体の音質が向上したので、プリアンプを旧三栄無線のPR-100から

マランツ#7型で聴いてみたくなるのは当然です。(^^;

(写真は全て他からお借りしました)

141526558230026595178_7b.jpg

昭和50年頃のステージの写真のようです。上手に歌えたというお顔でしょうか。(^^;

無題ljk.jpg

この様な、真理ちゃんの生のステージが見てみたかったです。(^^;

saito_dos-img1200x900-15160609229wpdo713978.jpg

今の装置でも、大地アースで大変音質が向上したので、だんだんと、天地真理の等身大の

歌声に近づいています。「身長158cm体重48kgの<真理ちゃん>の体格」が歌声と

共にスピーカーの間に浮かんできます。マランツ#7型プリアンプならもっとよくなる

と思います。(^^;

マランツ#7型コピー機はもうじき再組立て完了予定です。たぶんです。(^^;

nice!(1)  コメント(2) 

発売決定に寄せて:なぜ今「天地真理 私は歌手」なのか [音楽]

天地真理は「唯一無二のハイトーンの歌唱スタイルが再評価されています。」とSony

Music Shopに書いてありました。

巷では、徒党を組んだひとクラス分の女の子達が「ユニゾン」で歌い、幼稚園のお遊戯

に毛が生えたくらいのダンスをしています。(私の個人的感想です。悪しからず。)

(^^;

そんなテレビばかり見せられていると、自然と天地真理の歌声が私の脳裏に浮かびます。

(写真は全て他からお借りしました)

687038_1533067889.jpg

故藤山一郎氏は、旧東京音楽学校(現東京芸大)を出たバリトン歌手でした。歌謡曲に転向

後はテノールで歌っていました。「長崎の鐘」「東京ラプソディー」「青い山脈」等クラ

シックをベースにした歌い方で、昭和を代表する男性歌手と言って良いでしょう。

「戦後歌謡」と呼ばれ、人々が「爽やかな復興への希望」を感じる歌だと思います。

同じように、真理ちゃんの歌声は、「爽やかな元気」をもらえます。(^^;

71hjRDTX9PL._SL1050_.jpg

真理ちゃんの歌声も藤山一郎と同様に、クラシックをベースとした歌い方です。高音が綺麗

とされる由紀さおりなどとは大きく異なった歌い方です。由紀さおりの歌い方は完全に歌謡

曲ナイズされた歌い方で、私には少しいやらしい歌い方に聴こえます。小柳ルミ子も同様

だと思います。(あくまでもクラシックとの比較で、このいやらしさが日本の歌謡曲の味わ

いであり、けして悪いという意味ではありません)

真理ちゃんの歌は、クラシックがベースと言っても、ちゃんと歌謡曲的情感になっていま

す。しかし、どこにも歌謡曲ナイズされたいやらしさは感じません。これが、「唯一無二

のハイトーンの歌唱スタイル」と言われる所以だと思います。言葉を変えれば、単なる

ファルセットではなく「天地真理流ファルセットの独特な歌唱スタイル」とでも言えば良い

のでしょうか。その爽やかな歌声は、聴く者の心を強く掴んで離しません。(^^;

1408023946.jpg

さらに言えば、私はマリア・カラスの後に真理ちゃんを聴いても何の違和感もありません。

マリア・カラスが情感たっぷりに歌うオペラのアリアも、真理ちゃんの歌も同列に聴け

ます。「再評価」などと言う言い方は、私は少し抵抗が有ります。クラシックの分野に

おいて、マリア・カラスをおこがましくも「再評価」する人などいないでしょう。(^^;

main.jpg

追記:

私は、指原莉乃ちゃんはテレビの「バラエティー番組」では大変面白い女の子だと思って

います。でも、歌は聴いたことはありません。いや、あれだけ人数がいると、聞き分けられ

ません。(^^;

私は、時代が変われば音楽も変わることは否定はしませんが.........。

3e087f22b76964732e054deb4864d589_dfe7f6c470bd67926a07e3244a69b4e3.jpg

変化の激しい音楽シーンの流れの中で、天地真理の歌声は「普遍的価値」を持っていると

思っているのは私だけでしょうか。我田引水ですが。(^^;


nice!(0)  コメント(0) 

天地真理を聴くために、安物買いの銭失いはやめます [オーディオ]

今年の正月ころに、中華人民共和国製の抵抗を購入しましたが、リード線が磁石にくっつ

きました。その後XLRとRCAの変換ケーブルやRCAとミニプラグの変換器を購入したの

ですが、いずれもRCAのピン、ジャック部分が磁石にくっつきました。XLR-RCA変換

ケーブルは、ケーブルの線材はOFCを使用して高音質だと能書きがありました。本当に

OFCなのか、もう疑いの目でしか見られません。

私がこの前買った、オーディオテクニカのRCAケーブルも中華人民共和国製ですが、当然

磁石にはくっつきません!。(^^;

磁性体部品がほんの少し信号回路に挿入されていても、音質の変化など聞き分けられる人

は、滅多にいないと思います。しかし、私には精神衛生上良くないので、排除してい

ます。(^^;

RCA-ミニプラグ変換器はヘッドフォン用なので、ちゃんとした部品で自作しました。

ミニプラグは6.3φの標準プラグ用にしました。定番の米国スイッチクラフトのジャック

を使用しました。食付きが素晴らしいジャックです。(ただし、ナットとワッシャーは

磁石に付きます。)

71LS68sDfVL._SL1500_.jpg

また、XLR-RCA変換ケーブルもモガミのケーブルで手持ちのXLRコネクターで作り直す

つもりです。

中華人民共和国製といえども、既製品のケーブルや変換部品は安くて便利なのですが、

天地真理のレコードを聴くときは、歌声の音声信号の途中に磁性体部品が入るのは、私は

許せません。(^^;日本のメーカー名が入っていない、中華人民共和国独自ブランド製

の「アナログ用オーディオ部品」はもう二度と買いません。(^^;

下の写真のような、鮮明な真理ちゃんの歌声を聴くためには妥協はできません。(^^;

a6.jpg

MADE IN CHINAはMADE IN JAPANをもはや数の上では圧倒的に超えています。中国製品

の全てを否定するつもりはありませんが、オーディオ製品ではまだまだだと思います。一般

論ですが、儲かれば何をしても良いという思想が根底にあるように思います。「改革開放」

のなれのはてで、いびつな資本主義を「学習」してしまったのでしょうか。中国王朝時代も

共産党独裁政権下でも、中国人の「商魂」のしたたかさは変わっていないようです。

(^^;

一方で、日本の産業は、中国の後塵を拝するようになって、利益等の「数字」は出ている様

ですが「元気」が無くなって来ている様に感じます。アベノミクスはどうなったのでしょう

か。これからの私の年金生活は大丈夫なのでしょうか。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 

天地真理「私は歌手」予約しました!! [音楽]

昨日予約をしました。規定数到達前だったので、直筆サインがもらえます。(^^;

私がまだ見たことのないDVDの映像に期待しています。それにしても、1日で規定数到達

(何個かは分かりませんが)とは天地真理のファンは、私も含めてまだまだ生き残ってい

るようです。(^^;

687038_1533067889.jpg

一日も早く届くよう願っております。(^^;


ソニーにはこんな鮮明な写真がまだあるのですね。(^^;

a6.jpg

a7.jpg

a2.jpg

nice!(0)  コメント(2) 

天地真理は横顔美人? [日記]

このブログにコメントを頂いた、熊五郎さんがいみじくも「横顔美人」と言っておられ

ました。私も同感です。真理ちゃんの横顔はかなり印象が変わります。特に真横のお顔が

素敵です。

(写真は全て他からお借りしました)

img_2 (42).jpg

故西城秀樹氏と見つめ合う真理ちゃん、なんとあどけない可愛い横顔なのでしょうか。

(^^;

無題t67.jpg

nice!(0)  コメント(2) 

天地真理を聴くためにオーディオテクニカのヘッドフォンATH-R70X買いました [オーディオ]

現在まで愛用の、ソニーのMDR-CD900STは密閉型なので少し圧迫感を感じていました。

また、長時間装着していると耳たぶが少し痛くなりました。(^^;

そこで、オープン型でハイインピーダンスのタイプを買ってみました。ATH-R70Xは470Ω

なので、自作の真空管式差動ヘッドフォンアンプのタムラの出力トランスA-4734はライン

出力用に2次側に200Ω、300Ω、600Ωがあるので、300Ωに接続しています。そうする

と、1次側のプレート間10kΩが見かけ上約16kΩとして使えます。ソニーは63Ωなので、

2次の16Ω端子に繋いで、1次を約40kΩとしています。ECC82/12AU7の負荷としては

このぐらいでも良いと思います。

(写真は全て他からお借りしました)

1_000000056411.jpg

ATH-R70Xは装着感が軽くて大変よく、耳たぶも痛くなりません。ソニーの密閉型とは

異なり、大変開放感のある音質です。自然な音場空間が広がり、音楽が聴きやすいと思い

ます。比較論ですが、MDR-CD900STは少し高域に「味付け」がしてあるように感じます。

一方で、ATH-R70Xはソニーに比べて低音がよく出ますが、少し「ゆるい」感じがします。

ATH-R70XはMDR-CD900STの2倍以上の値段ですが、それだけの価値は十分ある音質で

す。天地真理ワールドがまた広がります。(^^;

amati-mari39upxx.jpg

上の真理ちゃんの写真は、私の好きな1枚です。

nice!(0)  コメント(2) 
前の10件 | -