So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

真理ちゃんのポスター [日記]

有名な天地真理ファンの方のブログの背景にも、一時使われていたポスターです。

私はこの銀行のポスターは、真理ちゃんの上品な可愛さを鮮明に映し出している最高傑作

の一枚だと思います。(^^;

(写真は全て他からお借りしました)

687038_1394536096 (2).jpg

残念ながら、当時私はこのポスターを見た記憶がありません。(^^;

貼っても、すぐに盗まれたのでしょうか。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 

1972年製河野8号復活させました [クラシックギター]

私が一浪の末やっと大学に合格したので、合格祝いに買ったものです。当初15号を買って

よいということだったので、親から貰った15万円を握りしめて当時渋谷にあったギタルラ

社に行きました。魔笛の主題の頭の部分で試奏して、最も高音が良い感じの物を選び抜き

ました。15号でなくてもよいと感じた8号を見つけたのです。(^^;

一浪して、大学も無理を言って(通えば通えたのですが)下宿させてもらうことにしたの

で、残りの7万円は親に返しました。(^^;

大学の4年間は勉強せずにこのギターを弾きまくっていました。(^^;

恐らく25年くらい前だと思いますが、サドルを自分で調整した時に削りすぎて①弦がビリ

つくようになってしまい、それ以来ケースに入れっぱなしでした。今回、また少しギター

を再開して、はたと河野の事を思い出しました。

DSC_0009.JPG

大変かわいそうな事をしてしまっていると思い、修復してやろうと思いました。

アマゾンで、牛骨のサドルとナット2個ずつ入りで600円の安いものを取り寄せて、早速

サドルを紙ヤスリで削って、装着しました。前は適当に削っていたのですが、今回はきち

んとやり方を調べて、12フレットの①弦が3.0mm⑥弦が4.0mmの標準的な弦高に調整し

ました。弦はプロアルテのハードが余っていたので張ってやりました。学生時代から河野

には、オーガスチンの青を張っていたので、ハードテンションが合うと思っています。

一応完動状態になりました。

ベラスケスとは対照的な音質です。

nice!(0)  コメント(0) 

格安ワイン [グルメ]

この前、昨年東大宮にできたヨークマートに初めて家内と行ってみました。洒落た店舗で、

「音楽の基礎」を取り寄せに行ったついでのTSUTAYAも同じ敷地内にあり、この辺では

かなり大きい商業施設です。沢山このワインが並んでいたので買ってみました。

「おフランス」のラングドック地方のワインだそうです。約千円でした。(^^;

1211201.jpg

家内からお許しが出たので、この前家内の手料理で、小さいワイングラスで3杯ほど飲ませ

てもらえました。何ヶ月ぶりかでワインが飲めました。(^^;

昔は千円ぐらいのワインの味は、私はとても飲む気にはなれませんでしたが、B級グルメ

の私としては、このワインは千円なら文句ないと思いました。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 

天地真理「恋する夏の日」のTシャツが..... [日記]

「時間ですよ」のシーンだと思いますが、当時のテニスの名プレイヤーのジョン・ニュー

カムと故石黒修のテニスキャンプのTシャツ(だと思いますが)を真理ちゃんは着ている

様です。

(写真は全て他からお借りしました)

598_tn_807755dc29.jpg

img_0 (14).jpg

下の画像は、レコードがもう出ているはずなのに、まだ上と同じTシャツの様です。古い

写真の使い回しのようです。

687038_1350466361.jpg

デザインはそのままで、ロゴを「恋する夏の日」にして、ワンピースに変わっています。

img_3.jpg

不謹慎であることは百も承知の上で書いてしまいますが、真理ちゃんの、このスカートひら

ひらがたまりません。(^^;

687038_1362665208.jpg

さらに、Tシャツ風のデザインでは寂しいので、ラケットのデザインだけ残してリニュー

アルしたようです。

687038_1329480853.jpg

下の写真が、私が学生時代最も印象に残っている写真です。この笑顔が私の頭にこびり付い

ている「真理ちゃん」のイメージなのです。(^^;

41WVE+pZGJL.jpg

ところで、「何が言いたいの」と問われても、天地真理病の老人としては「ただ真理ちゃん

の写真を並べてみたかっただけ」としか答えようがありません。(^^;

nice!(1)  コメント(0) 

またいまさらですが、芥川也寸志著「音楽の基礎」読みました [音楽]

私は、色々と音楽に関して偉そうに書いていますが、義務教育の音楽の授業で習った事以上

の知識はほとんどありません。この本は、学生時代に読んでみようと思ってから、やっと

今回読んでみました。(^^;

古い本なので、アマゾンなどの通販では在庫なしの取り寄せになっていました。なので、

今回は最近東大宮に出来たTSUTAYAで頼んでみました。1週間くらいで受け取れました。


267343.jpg

これまでは、何かわからないことがあれば、下の音楽辞典で調べていました。しかし、辞典

では断片的な説明を読むだけでした。この本は太古の昔から現代までの、音楽の変遷を説明

しています。特に私には楽譜に関する色々な知識が役に立つと思いました。

41F8PFR7JZL._SX339_BO1,204,203,200_.jpg

真理ちゃんも、音楽学校でこの本に書かれているようなことも勉強したのでしょうか。

(^^;

maxresdefault (24).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

天地真理と兎さんその2 [日記]

うさぎだと思いますが(^^;。真理ちゃんの表情と胸のキャラクターの対比が素晴ら

しいと思うのは、私のような天地真理病の老人だけでしょうか。(^^;

(写真は全て他からお借りしました)

i-img480x640-1536655835bbwxwp294501.jpg

ちょっと視線をそらした表情が、憎らしいほど可愛いです。(^^;

nice!(1)  コメント(2) 

リヒテル「平均律クラヴィーア曲集第二巻」のレコードのこと [音楽]

10年前にこのブログで、このレコードの事を書いています。当時は良い写真が見つから

なかったので違うジャケットの写真しか出していませんでした。下の写真は私が持って

いるレコードの3枚組のケースと同じものです。当時私は「神がかり」と言う表現をして

いました。(^^;

一点の曇りもない名演奏とはこのレコードの演奏を指すのでしょう。10年前の私のオーディ

オシステムと現在ではかなり進歩(^^;しています。特にリヒテルのピアノの高音の

美しさが際立ちます。私が、3枚連続でこのレコードを聴いても、眠気をもよおさない素晴

らしい演奏だと思います。(^^;

YouTubeでも同じ録音のものが聴けますし、他にもグレン・グールドも聴けますが、残念な

がらYouTubeのビットレートではリヒテルの良さの片鱗しか聴けません。(^^;

(写真は全て他からお借りしました)

99686.jpg

このレコードは社会人になってから買った物です。何故、第一巻も買わなかったのかは全く

記憶がありません。残念です。(^^;

他のリヒテルのレコードは、20年くらい前に、音楽好きの友人がレコードからCDに乗り

換える時に頂いた、シューベルト「さすらい人幻想曲」「ピアノソナタ第13番」と

シューマン「蝶々」が入ったLP1枚しかありません。

下は、2000年の頃購入た本です。特に日記の様な「音楽をめぐる手帳」に、他の音楽家の

録音や演奏を聴いた感想がメモしてあります。リヒテルの音楽観が良くわかります。

51H0HC7B41L._SX338_BO1,204,203,200_.jpg

学生時代にリヒテルの素晴らしさに気づいていれば、もっとレコードを集めていたと思い

ます。もうクラシックはCDを(音質的に)買う気が起きないので、今になって、本当に残念

に思っています。(^^;

真理ちゃんもバッハを弾くのでしょうか。(^^;

687038_1327682197.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

天地真理 私の好きな1枚その3 [日記]

レコードデビューして2曲めの頃、私が大学生になり初めて真理ちゃんを意識し始めま

した。変な表現ですが、後の「垢抜けた、可愛すぎる真理ちゃん」とは一味違う、この

写真も好きな1枚です。(^^;

(写真は全て他からお借りしました)

img_0_m (98).jpg

真理ちゃんは「白雪姫」と「シンデレラ」になったのです。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 

電子チューナーの功罪 [クラシックギター]

10年くらい前に購入したKORGのチューナーです。本来はチェロの調弦用に買ったもの

ですが、色々な音律に対応した高機能の物です。

PCの発振器ソフトでサイン波をPCのイヤホンに出力してクリップマイクで440Hzから2倍

、3倍......10倍の4400Hzまで測ってみました。いずれも針は中央にピタリと止まります。

当然ですが大変正確です。(^^;

(写真は全て他からお借りしました)

51ovR1Xu6XL.jpg

この前から、またギターを弾き始めてからチューニングは、KORGのチューナーのメーター

ばかり見ていて、全然楽器の音を聞いていない自分に気がつきました。

これではいけないと思い、また昔のように音叉を使うことにしました。いくら開放弦をチュ

ーナーで正確に合わせても、弦の精度の問題で高音が少し狂います。高音を微調整しながら

開放弦との妥協点を決めるのは奏者の「義務」でしょう。(^^;


私は中学生の頃にギターを始めた時に買った、和田楽器製のSPRITE音叉を持っています。

下の写真は恐らく私のものより少し新しい物だと思います。私のは「標準」の文字があり

ません。それとケースの色が肌色です。(^^;

この音叉の振動音を、クリップマイクでKORGのチューナに入れてやると上の写真の様に

440Hzピッタリを指しました。私は長年、普及品なので少し位は誤差はあるのだと思って

いましたので感動でした。(^^;

d173740567.1.jpg

「和田楽器」ももう無くなった様で、何か寂しい気がします。音叉の先っぽをグラインダー

かヤスリで削って調整した跡が残っています。今から50年以上前に町工場でこれを高精度

で削った「職人さん」がいたと思うと感慨深いものがあります。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 

真理ちゃんが危ない!!? [日記]

下の写真を初めて見たときは、真理ちゃんが不審者につきまとわれていると思って、びっく

りしてしまいました。何故、真理ちゃんがこんな危なそうなおじさんのそばで、ニコニコし

ているのか分かりませんでした。しかし、じっと見ていたら、このハゲのおじさんは昔テレ

ビで見たことがありました。名前は覚えていません。しかし、どう見ても怪しいおじさん

です。(^^;

(写真は全て他からお借りしました)

saito_dos-img1200x900-1511776431lp9fxd31655.jpg

nice!(0)  コメント(2) 
前の10件 | -