So-net無料ブログ作成
検索選択
オーディオ ブログトップ
前の10件 | -

天地真理はどちらが良い音?「EL34プッシュプルアンプvsマランツM-CR611」 [オーディオ]

この前に書いたアマゾンで2,300円で買ったLepaiのアンプでは半導体チームが少し可哀想

だったので、今回マランツM-CR611と比べてみました。

真空管パワーアンプは自作のEL34三結A級ppウイリアムソン型で約10Wです。下は実際の

写真です。使い回しのシャーシーにとりあえず作ってみたら結果が良かったのでそのまま

使っています。

ボロかくしのためにわざと暗くして撮りました。(^^;

P1000012.jpg

使用しているEL34はTELEFUNKENの「本物」です。(^^;

真空管アンプの音源はレコードを24bit/192kHz化してUSBに入れたものでマランツの

ラインアウトからPR-100真空管プリ経由で入力します。マランツはこれを自分のパワー

アンプ部で出力します。

(以下の写真は全て他からお借りしました)

L_mcr611_f_sg_fr.png

真空管アンプと半導体アンプの違いは少なくはなって来ているとは思いますが、例えれば

絹ごし豆腐と木綿豆腐の違いといえば良いのでしょうか。真空管アンプの方がより滑らかで

密度の濃い音だと思います。

vb9 (1).jpg

天地真理を聴けば、音質がどうのこうのと言わなくても、どちらが天地真理の存在感が多く

感じられるかで良くわかります。(^^;

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

性懲りも無くまた、天地真理を聴くための300Bアンプ作るぞ宣言 [オーディオ]

明日から夏休みが1週間ほどありますので、ゴールデンウイークに続き製作を再開します。

写真はゴールデンウイークの時のものです(^^;

P1000002a.jpg

配線とコンデンサーや抵抗の半田づけだけですが、今回はどのくらい集中力が続くで

しょうか。(^^;

このブログを見返すともう10年近く前にこのアンプの製作の計画を書いていました。

いつ完成するのでしょうか。お恥ずかしい限りです。(^^;

(写真は他からお借りしました)

photo_228.jpg

「早く作って私の歌を聴いてくださいね」と言ってくれているのでしょうか。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

等身大の天地真理を聴くためのスピーカーセッティング [オーディオ]

私は、スピーカーセッティングは学生時代読んだオーディオ雑誌に書いてあった、壁に

寄せて低音が出るように設置した方が良い、ということを何の疑いもなくずっと行って

きました。

最近、テレビの音声もマランツのアンプを通してTANNOY DEVONで聴くようになって、

何か、人の声に不自然さを感じるようになりました。特に男声の低い声です。音楽を聴いた

のでは分かりにくい音です。ヘッドフォンでは感じません。

(写真はお恥ずかしいのですが、実際の写真です)

P1000007.jpg

ということで、壁に1~2cmまでに近づけていたのを1cmずつ離して試聴していきま

した。色々な番組を見ながら、特に男声の低い声が不自然にならない所は、スピーカー

背面を17cm離した所でした。左右のスピーカーは側面の間隔を120cm、床からスピーカー

の同軸の中心まで約110cmです。

(写真は他からお借りしました)

photo_172.jpg

この設置位置状態で天地真理の曲を試聴してみました。壁からの位相のズレた反射音が

少なくなっているはずです。

結果は、大変音がスッキリとして伸びやかになりました。低音もさほど減った感じは

ありません。30cm同軸型の威力でしょうか。

等身大とはいきませんが、天地真理の存在感がグッと出てきて、天地真理ワールドに

より気持ちよく浸ることができるようになりました。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

天地真理はどちらが良い音?「真空管vs半導体アンプ」 [オーディオ]

私が20世紀の電子工学科の学生だった頃、私が定年になって年金をもらう21世紀には、

もう真空管など無くなって、半導体のオーディオ装置で原音に近い音で聴けるように

なっているだろうと思っていました。(^^;

下の写真は、私の現在のデスクトップシステムです。

(写真は全て他からお借りしました)

81oXNu8WqzL._SL1500_.jpg

ソニーの大昔(20年くらい前)のミニコンポのスピーカー

hqdefault.jpg

旧三栄無線キット6BX7シングルアンプ。SA-523です。出力3W

swimmy241-img600x450-1433309939kbz8r414558xx.jpg

安くて音が良いとアマゾンで評判だったので少し昔に買ったLepai LP-2020A+という

C級動作のICアンプです。出力20W。

31+JD4PkCCL.jpg

結論を言うと、真空管アンプの勝ちです。やはり、未だに比べると半導体アンプの音は

薄っぺらいです。UR22mkllになって24bit/192kHzで聴けるようになって違いが一層

鮮明に感じます。単独で半導体アンプを聴いている分にはさほど感じませんが。(^^;

何故真空管アンプの方が良いのかは、私には未だに解っていません。(^^;

私の天地真理にはまだまだ真空管アンプが似合います。(^^;

photo_114.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

UR22mkIIの仕様について [オーディオ]

閑話休題

UR22mkIIの使い方アマゾンのカスタマーレビューで問題点が指摘されているので、

DTMではない私の使い方の範囲で私の考え方を書いてみます。

1.ヘッドフォンの音が小さい⇒インピーダンスが高いヘッドフォン対応になっている

  様です。1.5mW40Ωとなっています。この表記を見て適合するヘッドフォンが

  わかる人はいるのでしょうか。私はわかりませんでした。でも私のソニー

  MDR-CD900STは問題なく使えました。多分1.5mWはミスプリントでしょう。

  また、音量はMIXボリュームの位置でも変わります。

2.INPUTのボリュームを絞りきっても音が出ている。⇒少し出ています。MIXボリューム

  が真ん中くらいだと出ています。DTMでは困ることもあるのかもしれませんが、私の

  使い方の範囲では支障はありません。ただ、このことが説明書等に一応書いてはあり

  ますが、また使ってみればわかることなのですが、購入前の人にもわかりやすい説明が

  もう少し必要だと思います。(^^;

81oXNu8WqzL._SL1500_.jpg

私の様にA/D、D/A変換が目的の使い方であれば全く問題なく使えると思います。

DTMで使う人は、特にアナログデジタルを同時に使いたい人はよく仕様を調べて買う

必要はあると思います。

それにしても、最近のデジタル機器の取説は不親切というより不十分な記載が多いと

思います。これは、このスタインバーグ社のものだけでなく、私の使っているマランツ

のアンプや、パナソニックのDIGAにも少し不満があります。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

QuickTimeを使えば簡単だった [オーディオ]

これまではWindows Media PlayerYouTubeからダウンロードしたものを再生して

いました。Media Playerは24bit/44.1kHzまでしか再生できないようです。

UR22mkIIの付属のDTMソフトCubase AI9がWAVやmp4のファイルをQuickTime

フォーマットでないと読み込めないので、急遽QuickTimeをインストールしました。

81oXNu8WqzL._SL1500_.jpg

QuickTimeはYoutubeをダウンロードしたmp4を再生するとき出力が24bit/192kHzを

指定できるので、UR22mkIIに入力されて、24bit/192kHzをDAコンバートされ

ヘッドフォンやラインアウトに出力できます。UA-3FXの時ではできなかったことです。

photo_051.jpg

これで、QuickTimeで再生すればPCとUR22mkIIでYouTubeの天地真理の映像と

125kbpsや192kbpsの音声を9216kbpsにハイレゾ化して、映像とともに音声も聴く

ことができます。

映像とともに天地真理ワールドの歌声に浸ることができます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

天地真理をヘッドフォンで聴くためのマランツM-CR611vsスタインバーグUR22mkII [オーディオ]

日曜日は一日中天地真理のレコードをハイレゾ化したものを試聴しておりました。

やはりヘッドフォンは微細な音までちゃんと聴こえるので、ソニーのヘッドフォンが活躍

しています。24bit/192kHz化した天地真理のハイレゾ音源を何十曲も聴き比べました。

(^^;

81oXNu8WqzL._SL1500_.jpg

UR22mkIIから直接聴くのと、M-CR611から聴くのでは、微妙に音が違います。やはり

M-CR611のヘッドフォン端子から聴く方が1日の長がある感じがします。当然ですが

UR22mkIIはUSBの電源で、M-CR611は専用のトランス電源なので違いが出るのだと

思います。

L_mcr611_f_sg_fr.png

天地真理の歌声の再現力は、マランツがクリアーで低音の締りがよく、滑らかな感じで

一枚上手です。鑑賞用としてはUR22mkIIは向かないと思います。

41Midcw9pmL.jpg

photo_002.jpg

「オーディオのことはもういいから、私の歌をちゃんと聴いてね」

と言われそうですね。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

天地真理のレコードがCDとの音質差を教えてくれた [オーディオ]

最近は、何でも天地真理にこじつけています。(^^;

7〜8年前に書いたこのブログを見て、気がついたのですが、レコードとCDは同じくらいの

音質だと書いていました。しかし、今回天地真理のおかげで同じ録音のレコードとCDを

聴いてみることができました。その結果は少し前に書いた通りです。CDも192kHz24bit

くらいでハイレゾ・リマスターしてやればかなりの音質にはなります。

(写真は全て他からお借りしました)

515u22cN4AL.jpg

漫然と違う曲のCDとアナログレコ-ドの音を比べても、なかなか違いはわかりません。

特にボーカルの音声帯域では差は少ないと思います。今回聴き比べて、ドラムのスネア

の音の立ち上がり、ベースの締まり、などが全く違います。打撃音は気がつかないので

すがかなりの高周波(オーディオ帯域での)成分を含んでいるので、はっきりわかり

ます。伴奏のストリングスの高い音を聴いてもよくわかりません。昔からクラシックの

オーディオマニアはピアノの立ち上がりを注目する人が多かったと思います。音の余韻

ではなく、打鍵した瞬間の立ち上がり感(これは打楽器と同じことです)に注目してい

ました。

以前より、薄々CDの音質には疑問を持っていたので、クラッシックのCDも本能的に

買わなくなっていました。

天地真理のプレミアムボックスも買ってみたいなとは思っているのですが.......。(^^;

photo_015.jpg

この写真の天地真理は、何を考えているのでしょう。

「こんなオーディオの話なんかわけわかんないわ。」などと言われそうです。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ソニーがまたアナログレコードを自社生産するそうです [オーディオ]

ソニー・ミュージックスタジオがかってのノイマンSX74カッターヘッドを再度導入して、

来年からソニー・ミュージックエンターテイメントから自社生産のアナログレコードが販売

されるという記事を読みました。

是非、天地真理のレコードを再カッティングして販売して欲しいと思います。

だんだんと、CDはアナログレコードの音質を超えていないということに皆が気がつき

始めたのでしょう。ふっふっふ(^^;

(写真は全て他からお借りしました)

491369.jpg

私の持っているLPでは「恋する夏の日」がSX74で、「小さな恋・ひとりじゃないの」

はSX68です。私の記憶ではドライブアンプがSX68は真空管アンプでSX74からトランジ

スタアンプになったと思います。トランジスタアンプは出力1kWの当時としては凄い

アンプだったと思います。

s_nakamura_gp-img600x600-1466590581fuxm2t3477.jpg

下の写真がSX74のシステムです。ドライブアンプは別のラックに入っています。

Lathe-rev-2-710x270.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

天地真理のLPで聴くデジタルとアナログの差 [オーディオ]

アナログLPをそのまま再生したものと、UR22mkIIで24bit/192kHzにデジタル変換した

ものを比較試聴してみました。

カートリッジ:DENON DL-103 昇圧トランス:DENON AU-320 

アーム:SME 3012R プレーヤー:THORENS TD521  プリアンプ:三栄無線キット

PR-100( ECC83 2段PK帰還RIAA EQ ECC82 1段ラインアンプ)

パワーアンプ:自作EL34 3結ウィリアムソン型pp スピーカー:TANNOY DEVON

デジタルはLPを24bit/192kHzにしたものを、USBに入れてマランツM-CR611で

24bit/192kHz再生してアナログラインアウトからPR-100に入力。EL34ppで再生。

プレーヤーやカートリッジの取り付け等は、水準器を3個使って水平を確保しています。

これがアナログプレーヤーを使うときの第一に重要なことです。

デジタル、アナログのボリュームを同じぐらいに調整して比較してみました。

LPは「小さな人生」です。

20160216072309563.jpg

やはり、デジタルの音はLPをそのまま再生した音と比べると後2歩くらい頑張る必要

があると感じます。アナログの音から少し失われた音があるように感じます。

2歩が何bitか何kHzかはわかりませんが。勿論LPの音が完璧などとは思っていません。

24bit/192kHzだけで聴いていると何も問題は感じませんが、比べてしまうとその差は

明らかです。何度も書きますがアナログディスク恐るべしです。

photo_025.jpg

「そこの君!、私のアルバムのことで、あまり訳のわかんないこと書かないでね」と

叱られてしまいそうですね。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - オーディオ ブログトップ
メッセージを送る