So-net無料ブログ作成
2018年05月| 2018年06月 |- ブログトップ

シモンズの「いそいそ出かけて 行きました」 [音楽]

私が学生の頃は、シモンズの「恋人もいないのに」の曲が大変好きで、下の写真のレコード

も買って今も持っています。主に3度の和音でハモらせながら歌う美しく爽やかな曲です。

また、歌詞も「いそいそ出かけて 行きました」等印象的な言葉が心に残ります。

(写真は他からお借りしました)

1179131.jpg

ところで、天地真理もこの曲を、ファーストアルバムで「一人」で歌っています。(^^;

a.jpg

天地真理「思い出のセレナーデ」では、「あなたのもとへいそいそと 季節の花をかかえ

ては」という歌詞があります。「いそいそ」という言葉は大変良い言葉だと思います。

IMG_0007.jpg

シモンズは「いそいそ出かける思い出の海」で真理ちゃんは「あなたのもとへいそいそと」

です。どちらも、かってあなたと行った「海」や、あなたの「部屋」へいそいそとです。

どちらも、別れたあなたを想う失恋の歌だと思います。

奇しくも、どちらの曲も「いそいそ」という言葉が使われたのは、大変興味深いことです。

今日では、「いそいそ」という日本語はほとんど死語になっていると思います。こんな良い

言葉はもっと使われても良いと思うのですが。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

宇宙論まとめの一冊 [お勉強]

Newtonは滅多に買わないのですが、下の本は現在の私にピッタリです。宇宙論の一般向け

文庫本を多数乱読していましたが、書かれた年代が色々でした。それを、一般向けに最新の

知見で総まとめしてあります。写真やイラストが綺麗です。(^^;

内容もよく整理してありわかりやすい簡潔な説明になっています。

51xXyhJTzWL._SX382_BO1,204,203,200_.jpg

たくさん読んだ文庫本の内容を少しノートに整理しょうかと考えていましたが、この一冊

があればその必要はありません。一般向けの本はこの辺で卒業して、相対性理論をまずは

数学的に攻略しなければなりません。(^^;

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

天地真理の「思い出のセレナーデ」は寂しい曲なのでしょうか [音楽]

「恋する夏の日」、「空いっぱいの幸せ」、「恋人たちの港」、「恋と海とTシャツと」

に続いてこの曲「思い出のセレナーデ」を当時聴いたときは、「元気で笑顔の可愛い真理

ちゃん」は何処へ行ってしまったのかと思いました。(^^;

学生時代はこの曲あたりから私は天地真理の曲を聴かなくなりました。この曲の後の

「木枯らしの舗道」もそうです。

(写真は全て他からお借りしました)

687038_1378032234xx.jpg

しかし、現在の私はこの曲は大変良い曲であると思っています。レコードを聴き直すと、

マイナーのバロック調のピアニスティックなメロディーが、心を打ちます。ただ、この

曲は、別れた「あなた」への強い「思い」は綴られているのですが、それがどうなるのかは

曲を聴いただけでは分かりません。

「水色の恋」では「いつまでも私の思い出に」と言う事で「あなた」を思い出として解決し

ています。

「あなた」は「ファンである私」(^^;なのですから、この曲の「なぜにいまはとどかな

いの」という真理ちゃんの思いが、何時になったら私の胸に届くのだろうかと、旋律的に

も、歌詞的にも、解決しないもどかしさが当時は残りました。

現在はそんな事はどうでも良いことで、この曲は聴けば聴くほど味わい深い曲で、天地真理

の歌唱力も優れたものを発揮していると思います。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

天地真理は「白雪姫」になりたかったのでしょうか [音楽]

昭和46年10月発売の、デビューシングル「水色の恋」の「白雪姫みたいな心しか

ない私」に由来する、「白雪姫」というキャッチフレーズやイメージ造りは、新人歌手の

天地真理を売り出すために、デビュー当時は大成功だったと思います。しかし、今日私が

集めた画像では「白雪姫」が活字になっている物は意外と少ないです。

IMG.jpg

昭和46年12月発売のファーストアルバムには「ソニーの白雪姫」の記載が帯に大きくあり

ます。昭和47年6月発売のセカンドアルバムの帯に小さく「ソニーの白雪姫」とあり

ます。

a.jpg

私がネットで集めた記事の中に「ひとりじゃないの」歌詞について「白雪姫」のイメージを

保つ考慮がされたという当時の関係者の記事を読んだ事があります。

その後、「ふたりの日曜日」で王子様が出てきてめでたしめでたしということでしょうか。

a.jpg

天地真理が「白雪姫」であろうとなかろうと、過去も、現在も、アイドル歌手から大人の

歌手へとステップを踏めた歌手はほとんどいない事も事実です。

天地真理が活躍した時代は、もはや歴史の1ページと成ってしまっているので、私なんぞが

あれこれ考えても仕方がない事ですが...。「白雪姫」的なイメージから大人の歌手への脱皮

に、真理ちゃんも結局うまく行かなかったのは歴史的事実でしょう。(^^;

「歌は世につれ世は歌につれ」という言葉があるように、世代世代で歌に対する嗜好が変化

していく世界で、長く歌手として活躍していくのは大変困難なことだと思います。

天地真理ご自身が「白雪姫」と言われる事をどう思っていたか、「白雪姫」を卒業したら

その後どんな歌を歌いたかったのか、という事に私は思いを巡らしていますが、やはり、

私なんぞに分かるわけがありません。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

天地真理「夏を忘れた海」に見る音楽的こころ [音楽]

この曲は、最初は昭和47年12月発売のアルバム「明日へのメロディー」B面1番目の曲

として出されました。その後ライブアルバム「オン・ステージ」、「私は天地真理」にも

収録されました。最後が下のファンクラブ向け非売品のEP盤です。ヒット曲全集やギフト

パック等は別にして、4回もレコードに収録された天地真理の曲はこの曲だけです。

シングルA面のいわゆるヒット曲ではなく、オリジナルアルバムの中の1曲が4回もレコー

ドに収録されることは珍しいことだと思います。

しかし、私は学生時代、ギフトパックのLPでこの曲を持っていましたが、少し寂しい曲

と感じていました。当時の私が天地真理に求めていた「元気で可愛い真理ちゃんの歌」のイ

メージと異なっていたため、ほとんどこの曲は聴くことがありませんでした。

IMGx.jpg

今日の私には、この曲は素晴らしいと感じます。特に、過ぎ去った青春の日々を思い出し

ながら聴く「私は天地真理」のピアノ弾き語りのこの曲には、聴く者を遠い過去の感傷的

な世界に連れて行ってくれます。真理ちゃんの歌唱力の素晴らしさです。

この曲を聴くと、何故かパット・ブーンの「砂に書いたラブレター」を思い出します。

o0420051413728676147.jpg

ライブやスタジオ録音でレコードに収録された4種類の「夏を忘れた海」は天地真理の音楽

表現力の多様性を示していると思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

天地真理を少し忘れて興味深く読んだ「重力波で見える宇宙のはじまり」 [お勉強]

フランス人の物理学者の著書です。素人向けとしては大変よく考えられて書かれた本であ

ると思います。

この本は、この手の他の本と少し違い、写真や図表が豊富に載っています。また、重力波

などの計測方法がかなり具体的に書いてあります。理論の定性的な説明だけでなく、計測

方法がイメージできると理論の理解もしやすくなります。

51VPDRNsM5L._SX324_BO1,204,203,200_.jpg

私としては、大変良い本の一冊だと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

天地真理の向こうに「昭和」が見える [日記]

写真の電話機は、私の記憶では4号電話機と言ったと思います。天地真理の写真には何枚か

電話を持っている写真があります。おそらく番組で真理ちゃんが視聴者とお話するような

企画ではないかと思います。

(写真は全て他からお借りしました)

925_28cbed1480.jpg

当時ちょうど電話機が一般家庭にも入り始めてた頃だと思います。私の実家でも、私が高校

生の頃に電話を引いたと思います。それまでは、ご近所のお金持ちの家の電話をお借りして

いました。かけるのではなく、いわゆる呼び出し電話ということです。

当時は、三種の神器の後になりますが、電話機は新しい時代の象徴だったと思います。

今日のスマホの普及を当時誰が想像できたでしょうか。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

2018年05月|2018年06月 |- ブログトップ
メッセージを送る