So-net無料ブログ作成
検索選択

天地真理を125kbpsで聴くために [オーディオ]

天地真理の曲をダウンロードしたものが150曲位になりました。音声のビットレートは


125kbpsがほとんどです。最近192kbpsのものが少し出てきました。 


125kbpsを小型のミニコンポなどで聴くぶんにはさほど問題は感じません。しかし私の


メインシステムのTANNOYのシステムで聴くと物足りません。


(写真は全て他からお借りしました) 


b.jpg 


「TANNOY DEVON 30cm 同軸コアキシャル型」 私のは自分でウレタンエッジを人工


セーム皮のエッジで修復した物で、見た目はもっとボロです。以前大学の後輩から譲って


もらった物です。 


a.jpg 


スピーカーの裏面には当時の代理店TEACの1975年輸入のシールが残っています。


天地真理の年代にぴったりです。 


o0400030910980098683.jpg 


パナソニックのDIGAの共有ファイルにmp4映像として入れて、88.2kHzのハイレゾ


リマスターにして再生しています。やはり、125kbpsだと高域が減衰しているので全体的


に音の厚みや質感が不足します。天地真理のボーカルの帯域はさほど感じませんが伴奏楽器


の音が薄ペラく感じます。具体的にはドラムやベースなどの音のリアルさが下がります。 


61rLbzesvML._SL1500_2.jpg


L_mcr611_f_sg_fr.png 


そこで、マランツのレシーバーはサブウーハー用の端子があるので、これからヤマハの


スーパーウーハー に繋いで、少し高めにハイカットを調整しました。


06E37B9E24B741C2AFEC406A535A4580_12073_14.jpg 


最近は映像もハイビジョン対応の高画質になっており、ファンの方が作られた色々な


天地真理の映像を大画面で見ながら曲を聴けば「音質的な物足りなさ」などはどこかに


消えてしまいます。ハイレゾリマスターとスーパーウーハーの効果はかなり大きいと


思います。 


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る