So-net無料ブログ作成
検索選択

タムラ TKS-27 インプットトランス [オーディオ]

現在使用中のソニーのブラビア52インチがソニータイマー状態になったので(^^;、パナソニック

の安い50インチに買い換えることにしました。来週納入です。 

ソニーの症状は画面に薄い細い線が5mm間隔ぐらいで出ていて時々濃くなって視聴に耐えられなく

なります。音声は正常です。修理してもらえばなんとかなるのでしょうが、パナソニックは消費電力

100W以下です。現用のソニーは6年以上前の形なので320W も喰っています。我が家はテレビ

を長時間毎日見ていますので、3~4年で元が取れます。 もちろんIPSパネルはより綺麗ですし

4kは素晴らしい美しさで目移りしましたが、8kの本放送が始まったらどうせ8kを買うのだからと

思って安いテレビにしました。 

fb_image.jpg

このテレビはアナログ出力用のRCA端子が付いておらず、へッドフォン端子のみです。そこで

MCカートリッジのステップアップ用として手持ちのタムラのTKS-27でヘッドフォン出力を受けて

真空管プリのライン入力に接続してみました。実験は現用のソニーのブラビアで行いまいた。 

ourson67a-img600x400-1399873113ujwsc845574.jpg 

アナログRCA端子からの出力よりヘッドフォン端子をトランスで受けたほうがワンランク上の良い音

になりました。 インピーダンスを切り替えても微妙な違いしか感じられませんがトランスの

インピーダンスは一応150Ωで聴いています。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

CR無帰還プリアンプの試聴 [オーディオ]

完成したCR無帰還ライントランス出力のプリアンプを土日で視聴しました。

パワーアンプはソブテックの2A3ppの無帰還全段トランス結合アンプです。

2A3はカナダマルコーニのJAN2A3を持っていますが、電源の電解コンデンサを少し非常識

な量に増やしたのでソブテックに変更してあります。 

2a3sovtek1.jpg

マランツ#7プリとウイリアムソン型パワーアンプの高帰還形アンプとの違いを聴いてみました。

高帰還形は比較的新しい録音のレコードやCDなどのデジタル音源に合っている気がします。 

(長い間テレビの半導体アンプの音に聴き慣れてしまっているからでしょうか) 

無帰還形に言えるのは、古い録音の名演奏と言われるレコードに聴き入ってしまうところでしょう。

これは、かって佐久間駿氏の館山のコンコルドで聴いたシゲティの無伴奏を思い起こさせる音です。

土日で聴いたレコードはシゲティ、リパッティ、カザルス、フルトベングラー、セゴビアなどなどの

古い録音の物ばかりを次々に聴いてしまいました。 

どちらが良いということでなく、音源によって使い分ければ良いのではと思います。 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

MCカートリッジ DL-103 [オーディオ]

やっとCR無帰還ppトランス出力プリアンプの配線が完了しました。

これからテストを行います。 

写真は他からお借りした今回使用した鈴蘭堂の同型ケースの写真です、内部の組立配線は

こんなに綺麗ではありません。 

preamp1.jpg 

 無帰還アンプが一応復活したので、カートリッジもDL-103を復活させようと思っています。

分解してしまっているステップアップトランスのAU-320を再組立てを早くやろうと思っています。 

b_1__6_4b.jpg 

L_DL-103_D.png 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ソ連製真空管6H9C(6SL7GT互換) [オーディオ]

イコライザー初段に使う6SL7GT互換の旧ソ連製6H9Cという真空管です。

現在のソブテック製だと思っていまいしたが、78 ll と書いてあるので1978年2月製と推定できる

ので現在のソブテックとは関係ないと思います。

写真はネットで見つけた同型の物です。 

11319116045_63415c30b3.jpg 

 奇しくも冷戦の頃の米ソの真空管が協力して今回の無帰還プリアンプに並びます。

どんな音になるのでしょうか。早く本体も完成させて聴いて見たいと思います。 

mZNTyVdfoSVQRJuX16nOPmA.jpg

 

img_02.jpg 

できれば、明日か明後日には完成させたいと思っていますが? 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

祝 禁煙5年目 [日記]

禁煙5年目になりました。

01a48a0f.jpg 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

CRイコライザーのプリアンプ電源ほぼ完成 [オーディオ]

製作中のCR無帰還プリアンプの外部電源部がほぼ出来ました。使い回しのリードのMK300

というケースに入れました。スペースに余裕があるので整流管を使うことにしました。 

ちょっとオーバーですが整流管に水銀入りの83という整流管を使います。83は佐久間駿氏も

よく使われております。 

GT管も挿せるようにUXのほかにUSソケットも付けました。 

写真は同型菅の写真です。JANのシルバニア製です。 

 img_02.jpg

本体の方は使い回しの旧鈴蘭堂製のケースで作ります。こちらはCR類の配線をすればよいだけ

になっています。 

私としては初めてのGT管の無帰還プリアンプです。良い音で鳴ってくれることを期待しています。 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

高信頼真空管 RCA JAN CRC-5692 [オーディオ]

現在無帰還のCR型イコライザーとトランス出力のラインアンプのプリアンプを製作中です。

写真はPPライン出力に使う予定のRCAの5692の同型のものです。 

mZNTyVdfoSVQRJuX16nOPmA.jpg 

RCA5692は1本しか持っていなかったのでGEの5692を20年くらい前に購入しました。

これはRCAのOEM製品のようです。 また同等管の軍用規格の6SN7GTを何本か持っています

ので差し替えて音質の変化を確かめて見たいと思います。

イコライザーは無線と実験に昔載っていた、佐久間駿氏の5691をパラにしてCR型EQ素子を

接続した形を考えています。RCAの5691はもはや高価なので、旧ソ連時代の6SL7GTを使う

予定です。この真空管は現在のソブテック製だと思います。 

 オール無帰還アンプの音が早く聴きたいので、なるべくすぐに完成させる予定です。 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

無帰還アンプへの回帰 [オーディオ]

一応NFBアンプがプリ、メインとも稼働してTANNOYの音も聴けました。そうすると、またムクムク

と無帰還アンプの音が聴きたくなりました。

無帰還アンプでTANNOYが聴きたいと思うようになりました。パワーアンプは全段トランス結合の

2A3pp無帰還アンプは健在ですので、マランツ#7型プリにつないでで聴いてみました。

無帰還パワーアンプの音も捨てきれません。 

300Bのウイリアムソン型パワーアンプを造る前に、無帰還のプリを また作ろうと思っています。

無帰還、帰還アンプ共に音に何かが足りず、何かが多い気がします。 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る