So-net無料ブログ作成

天地真理のデビューは「娘十八番茶も出花」 [日記]

本来は、「鬼も十八番茶も出花」と言うのだそうです。(^^;


私が当時初めて買った、天地真理のLP「ちいさな恋/ひとりじゃないの」は昭和47年6月

発売でした。このレコードのジャケットには、天地真理の生年月日は昭和27年11月5日の

19才と書いてあります。それ以来ずっと天地真理は私と同い年だと思っていました。

(^^;

昨年買った、(^^;昭和46年10月発売のデビューシングル「水色の恋」にも同様に

書いてあり、18才となっています。下の記事は、デビューシングル発売直前の頃の物の

様です。

(写真は全て他からお借りしました)

E5A4A9E59CB0E79C9FE79086E38387E38393E383A5E383BC.jpg

すなわち、1才サバを読んででも、「18才」で歌手デビューさせたいというプロダク

ションの思惑があったのだと思います。当時は特に女性芸能人が年齢のサバを読んでも、

問題視はされないおおらかな時代だったと思います。「渡辺晋」氏の作戦だったのかも

しれません。(^^;

007_convert_20121115182436.jpg

あの、森光子でさえ3才ぐらいサバを読んでいたそうです。

bs14.jpg

天地真理は、私が知らないうちに、私の1才年上の「お姉さん」になっていました。

(^^;

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る