So-net無料ブログ作成

天地真理はボーイッシュでおきゃんな人だったのでしょうか [音楽]

ネットで、デビューシングル「水色の恋」が出た頃の記事をたまたま見つけました。

「時間ですよ」の役柄の性格を言っているのですが、私は、天地真理ご本人の性格も同じ

ではないかと思っています。前にも少し書きましたが、シングルのヒット曲ではあまり感じ

ませんが、アルバムの曲で天地真理の歌の端々に「思いっきりのよい」男性的な声の

「止め」方を感じます。

(写真は全て他からお借りしました)

687038_1380575732.jpg

天地真理は、天海祐希など宝塚の男役出身者によく言われる「男前」な性格ではないかと

思います。

少なくとも、天地真理の歌唱にはしっかりとした芯が通っており、ナヨナヨしたぶりっ子の

女の子の歌い方ではないことは確かです。

te4-e1427591205522.jpg

「可愛い女の子の真理ちゃん」は営業用の作られたイメージではないかと思っています。

しかし、「可愛い真理ちゃん」で私は大いに結構だと思っています。それで、多くの聴衆

を魅了し、私も魅了されたのですから。(^^;


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

HardTop

「男前の天地真理」!確かにそうですよね。かわいく見せようなどという下心とは無縁の歌唱ですね。
by HardTop (2018-03-18 10:08) 

たこやきおやじ

HardTopさん

HardTopさんコメント恐縮です。
おっしゃる通りだと思います。我田引水ですが天地真理の歌声は、写真や、映像を見ずに音声だけを聴くと、歌唱力の実力がよく分かります。

by たこやきおやじ (2018-03-18 19:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る