So-net無料ブログ作成
検索選択

天地真理はどちらが良い音?「真空管vs半導体アンプ」 [オーディオ]

私が20世紀の電子工学科の学生だった頃、私が定年になって年金をもらう21世紀には、

もう真空管など無くなって、半導体のオーディオ装置で原音に近い音で聴けるように

なっているだろうと思っていました。(^^;

下の写真は、私の現在のデスクトップシステムです。

(写真は全て他からお借りしました)

81oXNu8WqzL._SL1500_.jpg

ソニーの大昔(20年くらい前)のミニコンポのスピーカー

hqdefault.jpg

旧三栄無線キット6BX7シングルアンプ。SA-523です。出力3W

swimmy241-img600x450-1433309939kbz8r414558xx.jpg

安くて音が良いとアマゾンで評判だったので少し昔に買ったLepai LP-2020A+という

C級動作のICアンプです。出力20W。

31+JD4PkCCL.jpg

結論を言うと、真空管アンプの勝ちです。やはり、未だに比べると半導体アンプの音は

薄っぺらいです。UR22mkllになって24bit/192kHzで聴けるようになって違いが一層

鮮明に感じます。単独で半導体アンプを聴いている分にはさほど感じませんが。(^^;

何故真空管アンプの方が良いのかは、私には未だに解っていません。(^^;

私の天地真理にはまだまだ真空管アンプが似合います。(^^;

photo_114.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る