So-net無料ブログ作成

天地真理の歌う「レイン・ステイション」が好きです [音楽]

また「小さな人生」の曲ですが、A2「レイン・ステイション」は天地真理のアルバム曲

全体の中でも私の気に入っている曲の一つです。

65歳の現在の私から見ると、ライブアルバムは別にして「小さな人生」は天地真理の

最も優れたアルバムだと言えると思っています。

単独曲としてももちろん良いのですが、続けて12曲聴くとそのストーリー性から、より

一層それぞれの曲の味わいが深まります。「白雪姫」問題(^^;は別にして、当時これら

の曲を組み合わせた人達はビジネスだけでなく、アルバムづくりに対して情熱を持って

仕事をした人達だと思います。拍手(^^;

(写真は全て他からお借りしました)

20160216072309563.jpg

作詞・松本隆 作曲・筒美京平 編曲・林啓二です。私が気に入っているのは2番の

中頃の

♪〜訳もなく微笑んだ私はもう帰らない

  線路の向こうのイチョウの坂道は

  昨日と少しも変わってないのに〜♪

の所です。歌詞カードには「イチョウ」ではなく「二人」となっています。

陰映のあるメロディーのあと盛り上がっていく所です。「イチョウ」の方が「二人」より

情景描写が素晴らしくなり、さらに言葉のアクセントとメロディーがマッチして天地真理の

歌声に聴き惚れてしまいます。

また、「変わってないのには」は歌詞カードでは「変わってないのに」ですが字余り

気味なので「い」を削ったのだと思います。


photo_023.jpg

私の中では「レイン・ステイション」は天地真理のアルバム曲としては名曲、名歌唱の

一つと勝手に思っています。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る