So-net無料ブログ作成

天地真理を9216kbpsで聴いてみる実験 [オーディオ]

この前買ったマランツのアンプはWAVファイルは192kHz、24bitまで再生できます。

天地真理のダウンロードしたものは192kbpsや125kbpsがほとんどです。前回はDIGA

からサンプリング周波数を88.2kHzにしたものをマランツで再生実験をして、かなり

音質が向上しました。これに味をしめて、実験を行いました。

(写真は全て他からお借りしました)

L_mcr611_f_sg_fr.png

今回は、Media Playerで再生したものをUA-3FXでループバックさせてPCの録音ソフト

で一気に192kHz、24bitで変換録音してUSBに入れて、マランツで聴いてみました。

(私のDIGAは光接続だと192kHzには対応していませんので)

録音ソフトはフリーの物なので、ほとんど説明がないので本当にリマスターしているかは

わかりません。ビットレートが計算通りなのでしているのでしょう。(^^;

125kbpsや192kbpsのビットレートのものが9216kbpsになります。ファイルをプロパティ

で調べればこの数字が出てきます。その代わり「一杯のレモンティー」が184MBのファイル

容量になり、「小さな人生」のアルバムB面だけで1.92GBの大容量になります。

41Midcw9pmL.jpg

試聴はソニーのヘッドフォンで細部まで細かく聴いてみました。

天地真理の歌声がかなり元のCDに近く「復元」されたと言って良いでしょう。

私は天地真理のCDは一枚も持っていませんが(^^;

さらにレコードの「小さな人生」を44.1kHz24bitで録音したものを、192kHz24bit

で聴くとさらに帯域が広がった感じがします。アナログディスク恐るべしでした。

a10xx.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る