So-net無料ブログ作成
検索選択

今蘇る天地真理のファーストアルバム [音楽]

YouTubeで集めた天地真理の曲を192kHz24bit、ビットストリームで表すと9216kbs

のWAV形式に変換したものを、LPのファーストアルバムの曲順にしてUSBのフォルダー

に入れまとめてみました。

(写真は全て他からお借りしました)

imgc31ab246zikfzj.jpg

天地真理ファーストアルバムのカバー曲の「虹と雪のバラード」や「恋は水色」を聴くと、

私の曲の好みもありますが、素晴らしい歌唱力だと思います。また、音質も改善して、

特に「雪と虹のバラード」のドラムが乱打?するところは、圧倒されるような気持ち

になり高揚感が高まります。さらに「忘れな草をあなたに」では天地真理としてはめずら

しい少し「ドス」の効いた声も出しています。もちろん、オペラ歌手のような歌い方で

なく、あくまで天地真理独特の発声法と歌唱法の「天地真理ワールド」の歌い方です。

(^^;


12063420_1655291398050794_3158797847699471611_nxxx.jpg

9216kbpsに変換した音質は、スタジオ録音ですが目をつぶるとオカルトではありま

せんがコンサートホール2階最前列中央席でステージを観ている感じがします。天地真理

の発声する顔が脳裏に浮かびます。特に、ボーカルの帯域はかなりちゃんと「復元」され

ていると思います。

天地真理の発声法をファルセットと言うのだそうですが、最近初めて知りました。音楽辞典

で調べてみると「女声においては、頭声がもっとも高い音域をなす。」と書いてあり

ファルセットと呼ばれるのは、男声の頭声の上の音域をさしているようです。

これはクラシックではそうなっていると思いますが、他のジャンルではどうなのかは私に

はわかりませんが、推測ですが単に裏声という意味で使われているのだと思います。

20040506111743.jpg

「水色の恋」のシングルが出てわずか2ヶ月後に出たLPです。私は残念ながらこのLPは

買っていませんでした。最近youtubeで聴いて改めてデビュー当時からの天地真理の歌の

上手さを感じました。「水色の恋」で歌が下手だと言っていたアンチ天地真理派の人でも、

これらの歌を聴いて上手いと思わなければ、その人たちが音痴です。

今となっては、こんなことを言っても何の意味もありませんが....。(^^;

最後に、「悲しき天使」だけスタジオ録音版が入手できなかったので、オンステージの

ライブ版を入れてあります。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る