So-net無料ブログ作成

天地真理の最後の紅白の後で 私も少し輝きました [音楽]

昭和49年大晦日の天地真理最後の紅白です。「思い出のセレナーデ」です。

(写真は他からお借りしました)

marikouhakuxx.jpg

結果的に最後の紅白になりましたが、まだまだこの頃は天地真理は輝いていました。

201310062333071b1xx.jpg

こじつけですが、

この紅白から年が明けて昭和50年の1月初旬に私もちょっとだけ輝きました。

下は大学のギター部の演奏会に出演した私の22歳の時の実際の写真です。

NHKホールからさほど遠くない公会堂で行いました。演奏はかなりつまづき

転んでしまいましたが.....。(^^;


IMGxxm.jpg

私は協奏曲をやる最後のチャンスだと思い、大学のオケ部で指揮をしていた音大生に
お願いして音大生で弦楽四重奏を組んでもらって、ヴィヴァルディの「リュートのための
ニ長調のコンチェルト」を演奏しました。ジークフリート・ベーレントとイ・ムジチの
レコードをお手本にしました。
ちなみに、この音大生の方は後にヨーロッパの有名指揮者のコンクールで優勝されて、
現在も国内のオーケストラの指揮者をされています。写真でヴィオラを弾いている方です。

2061.jpg

ヴィヴァルディの前に、セゴビア編曲のバッハのイ短調のアルマンド、サラバンド、

ジークを弾きました。

A1bEn+7EsnL._SL1500_.jpg

今、録音を聴き返してみて、素人の大学生としては意欲的なプログラムですが、

人前で弾くのは「10年早い」と恥じ入っております。(^^;

18300960_1904148333165098_2036102806702706826_n.jpg

天地真理と私は同じ時代を共有し、共に青春を音楽とともに駆け抜けて行ったのでした。

そろそろ家内に「馬鹿みたい」と言われそうです。(^^;


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る