So-net無料ブログ作成
検索選択

オーディオの迷信 CDとレコード編 [オーディオ]

昔、CDが出始めたころに色々なオーディオ評論家が面白いことを言っていました。

aldo_ishikawa-img530x449-1207009919dsc00760.jpgscan0031.jpg

曰く、CDはサンプリングの時の量子化ノイズが聴こえる。音程がだんだん高くなる。ワウフラッターがある。などなどです。さらに、CDは20kHzで急峻に周波数をカットしているのでレコードより音が悪いなどです。

また、比較的最近では、D/Aコンバーターを何個もパラレルに接続すると音が良いなどと言うのもあります。

私は、レコードもCDも音質的には同じくらいではないかと思っています。もちろん、CDは仕様としてはアナログレコードを上回っていますが。ただ、CDはデジタルの記録媒体としては良いと思いますが、問題はD/Aコンバーターから後のアナログ増幅回路に一因があるのではと思っています。

また、最近マニア向けのオーディオ専門店のWebにCDプレーヤーはパソコンの様に「エラー訂正機能」が付いていないので数十パーセントのデータは誤ったままD/Aコンバータに出力され再生されてしまっているので音が良くない、と言うような事が書いてありました。この辺のことは私には真偽のほどはわかりませんが。

最近はアナログブームの様ですが、レコードの方もカートリッジやRIAAイコライザーなど良い物を使いませんと明らかにCDより音は悪くなると思います。

私は、CDと比べてもハイビジョン放送の音が結構良いと思っています。生録画が多いので、あまり録音機材を通していないからではと思っております。CDは色々なコントロール機材を通して音を加工しているのでそう思うのかも知れません。

まあ、いずれにしてもデジタルになってもまだまだオーディオの迷路は続く様です。


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 6

nyankome

>CDプレーヤーはパソコンの様に「エラー訂正機能」が付いていない
「エラー訂正機能」が付いていないと、とても聴けた代物ではないように思うのですが。

オーディオの世界には迷信が多いですね。

でも、アナログにしろデジタルにしろ、それなりの装置から出る音は違いますね。
by nyankome (2008-10-19 23:08) 

たこやきおやじ

nyankomeさん

私もそう思うのですが。何か確かめる手段が無いか考えております。
by たこやきおやじ (2008-10-20 10:30) 

mickey

CDかアナログLPかという論争は20kHzでカットしているか否かという問題ではないような気がします。なぜなら20kHz以上を保証しているSACDと比べてみても、私はLP独特の音に未だに愛着があります。
ところで、CDプレーヤーには訂正機能がないということですが、確かにエラーが出るCDをパソコンでコピーし直すと、読めるようになる場合があるそうです。ネットでこの記事を読んで、試してみたところ、あきらめていたCDが実際、読めるようになり、喜んでおります。

by mickey (2008-10-22 21:50) 

たこやきおやじ

mickeyさん

私も、聴き比べてしまえばレコードの方が良いと思っています。
by たこやきおやじ (2008-10-23 14:02) 

紅

レコードに対する迷信とは、レコードやCDに纏わる物理的特性に対する知識不足からくるようですね。
オーディオに対する迷信に関する興味深いサイトがありました。
http://kumoi1.web.fc2.com/CCP027.html
by (2012-11-08 01:40) 

たこやきおやじ

紅 さん

コメント有難うございます。
迷信についてはおしゃられる通りだと思います。しかし、全てにわたって正確
な知識を持つためには相当な「勉強」が必要だと思います。
疲れます。(^^;
by たこやきおやじ (2012-11-08 11:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る